国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

日本企業をChangeするビジネス・プロセス・マネジメント(BPM)

  • 講師:宇野澤庸弘(日本BPM協会副事務局長、日商エレクトロニクス(株)金融・BPM事業本部BPMシニアコンサルタント)、渡邉和宣(中小企業診断士、公認システム監査人、ITコーディネー タ、PMP、SCCチェアマン、カリフォルニア州立工科大学POMNA校日本 副代表。)
  • 日時:2009年2 月10日(火) 午後3時~5時
  • 会場:国際大学グローバル・ コミュニケーション ・センター
    (東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
    地図:http://www.glocom.ac.jp/access/

概要

今、企業の競争力とガバナンスの両面からBPM(Business Process Management)が注目されている。これは、ビジネスのプロセスを可視化し、経営課題を実現するために、IT系と非IT系(人間)がいかなる役割を果たすべきかを、経営トップから情報システム部門、現業部門の三者を巻き込んで、それぞれの解決すべき課題を抽出し、効果的なIT活用を実現しようとする工学的手法である。このBPMは、経営とプロセスとITとが粒度を揃えて噛み合うことで、ユーザ企業もITベンダもそれぞれの役割が明示化される画期的な手法といえる。SOAやSaaSにも関連する基本技術と言えよう。 このテーマに焦点を当てることで、同時に以下の関連質問に対しても考えてみたい。即ち、Q1:なぜ日本ではIT投資が米国に比べて相対的に低いのか?Q2:なぜ日本ではCIOの役割が機能していないのか?Q3:ITの活用は情報システム部門かトップか、あるいは実際に活用する現場の責任なのか?Q4:経営とITの融合の課題・阻害要因は何か?Q5:BPMを通して、日本のソフトウェア産業の強み弱みは何か?


講師プロフィール

宇野澤 庸弘(うのざわ・つねひろ)1971年早稲田大学理工学部数学科卒業。東芝コンピュータ事業部、DEC、ノベルで、ネットワークシステム関連業務に従事。2000年からBPMの振興につとめ、現在は日商エレクトロニクス社のBPMコンサルタント。2006年日本BPM協会を設立し、BPM協会の幹事・副事務局長も勤めている。


渡邉 和宣(わたなべ・かずよし)大阪大学理学部卒業。2001年7月マネジメント&ERP社設立し、現在は同社代表取締役。事業戦略をビジネスプロセスを通してITに落とし込む階層的モデリング方法論とプロセス参照モデルを開発し、プロセス/SCMコンサルティングを行っている。

場所

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
(東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
地図:http://www.glocom.ac.jp/access/

参加費

※国際大学GLOCOMのIECP会員、研究協力委員会会員、客員研究員、フェロー、およびリサーチ・アソシエートの皆様は無料です。それ以外の方はモニター参加が可能です(参加費用として10,000円を当日頂戴します)。

参加方法

下記URLより事前お申込みください。
http://spreadsheets.google.com/viewform?hl=ja&formkey=cDQzeFoxMDdiUzBWNE1MN3ctRTlnRlE6MA..

2009-01-22