国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

クラウド・コンピューティングと情報処理のパラダイムシフト

  • 講師:前川 徹(サイバー大学 IT総合学部教授、国際大学GLOCOM主幹研究員)
  • 日時:2009年3月26 日(木) 午後3時~5時
  • 会場:国際大学グローバル・ コミュニケーション ・センター
    (東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
    地図:http://www.glocom.ac.jp/access/

概要

情報処理の新しいパラダイムとして「クラウド・コンピューティング」が注目を集めている。まだコンセンサスが得られた定義はないが、「インターネットのあちら側にあるコンピューティング・リソースを使って情報処理を行うこと」がクラウド・コンピューティングである。このクラウド・コンピューティングに対する、グーグル、アマゾン・ドットコム、マイクロソフト、IBMなど米国主要ベンダーの動向と戦略を整理した上で、クラウド・コンピューティングのコンセプトを整理する。また、クラウド・コンピューティングから派生したプライベート・クラウド、イントラ・クラウドについても触れると同時にグリーンITとの関連についても考える。そして最後に、情報処理の歴史からみて、クラウド・コンピューティングが、メインフレーム、パソコン、インターネット(ウェブ)に続く第4の波であることを解説する。


講師プロフィール

前川 徹(まえがわ・とおる):1955年生まれ。1978年3月名古屋工業大学情報工学科卒、同年に通産省に入省、機械情報産業局情報政策企画室長、JETRONew York センター産業用電子機器部長、情報処理振興事業協会(IPA)セキュリティセンター所長(兼、技術センター所長)、早稲田大学大学院 国際情報通信研究科客員教授、富士通総研経済研究所上席主任研究員などを経て、2007年4月1日からサイバー大学 IT総合学部 教授。社団法人コンピュータソフトウェア協会 専務理事などを兼任。主な著書として『ソフトウェア最前線』(2004 年アスペクト)などがある。国際大学GLOCOM主幹研究員。

場所

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
(東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
地図:http://www.glocom.ac.jp/access/

参加費

※国際大学GLOCOMのIECP会員、研究協力委員会会員、客員研究員、フェロー、およびリサーチ・アソシエートの皆様は無料です。それ以外の方はモニター参加が可能です(参加費用として10,000円を当日頂戴します)。

■定員になりましたのでモニターの方のお申込みは終了いたしました。会員の方はメールでお問い合わせ下さい。info_iecp@glocom.ac.jpこちらまで。

2009-03-09