国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

シリーズ「Web2.0の行方~マネタイズの可能性を探る~」第2回広告を変える次世代マーケティングプラットフォームの最新事情

  • 講師:湯川鶴章 (時事通信社・編集委員、国際大学GLOCOMフェロー)
  • 日時:2009年9月15日(火) 午後3 時~5 時
  • 会場:国際大学グローバル・ コミュニケーション ・センター
    (東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
    地図:http://www.glocom.ac.jp/access/

概要

 「テレビCMが崩壊する」「広告よりも販売促進の仕組みが中心になる」という予測は過去にあった。そうした予測通りに事態が進行しているのか。米国取材などを通して最先端の取材を続けた結果、「次世代マーケティングプラットフォーム」と呼ぶしかないような枠組みが構築されつつあることが分かった。しかもその枠組みは共存共栄が基本ルールで、グーグルでさえ牛耳れないものになりつつある。


講師プロフィール

 湯川鶴章(ゆかわ・つるあき) 米国放浪中に新聞少年のような仕事につき、気がつけば報道の世界に入っていた変り種。シリコンバレーの黎明期からIT産業を中心に取材をし、2000年5月に帰国。現在、時事通信社編集委員。それでもってブロガーであり、ポッドキャスター。性格は極めて優柔不断だが、結構まじめ。謙虚だが思い上がるところもある。国際大学GLOCOMフェロー。主な著書に「次世代マーケティングプラットフォーム」(ソフトバンク・クリエイティブ 2008年)、「爆発するソーシャルメディア」(ソフトバンク新書 2006年)、「ウェブを進化させる人たち」(翔泳社 2009年)、「ブログがジャーナリズムを変える」(NTT出版 2006年)、共著に「ネットは新聞を殺すのか」(NTT出版 2003年)、「次世代広告テクノロジー」(ソフトバンク・クリエイティブ 2007年)などがある。

  • レポートはこちらからダウンロードできます。【会員限定】
  • http://www.glocom.ac.jp/erp/20090915report.pdf
  • 資料はこちらからダウンロードできます。【会員限定】
  • http://www.glocom.ac.jp/erp/erp/20090915siryou.pdf

    2009-09-15