国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

シリーズ「メディア産業はどう存立するのか」第2回既存メディアとネットとの関係、今後の展望

  • 講師:川邊健太郎(ヤフー株式会社・プロデューサーメディア企画部部長、国際大学GLOCOMフェロー)
  • 日時:2009年10月15 日(木) 午後3 時~5 時
  • 会場:国際大学グローバル・ コミュニケーション ・センター
    (東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
    地図:http://www.glocom.ac.jp/access/

概要

「大きな転換点にあるメディア産業の経営問題を考えるシリーズ「メディア産業はどう存立するのか」の第2回として、今回はネットメディアの現状をとりあげます。既存マスメディアの商圏を侵食していると評されるネットメディアの経営・運営の実態は、どうなっているのでしょうか。ネットメディア自体がめまぐるしく変容していく中、「Yahoo!ニュース」および動画サイト「GyaO!」の責任者としてネットメディアの中心でご活躍の川邊健太郎氏に、具体的な経験を基にその現状と未来をお話しいただきます。


講師プロフィール

川邊健太郎 (かわべ・けんたろう)1996年青山学院大学在学中にインターネットベンチャー「電脳隊」を設立。2000年、ヤフー株式会社に入社。現在、ヤフー株式会社・プロデューサー(メディア企画部・部長)として、Yahoo!ニュース、トピックス、天気、テレビ、政治、スポーツ、ファイナンスなどの責任者を務める。2009年、株式会社Gyaoの代表取締役社長に就任。国際大学GLOCOMフェロー。


2009-10-15