国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >


ICT利用先進国デンマークに学ぶ~行政、医療、教育の情報化

  • 講師:猪狩典子(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター研究員)/豊福晋平(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター主任研究員/准教授)
  • 日時:2010年2 月17 日(水) 午後3時~5時
  • 会場:国際大学グローバル・ コミュニケーション ・センター
    (東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
    地図:http://www.glocom.ac.jp/access/
  • 概要

    日本では、行政・医療・教育のICT利用促進が重要課題であり続けている。一方、北欧諸国の一つ、デンマークはその3分野をはじめとするICT活用で世界の先頭を走り、世界経済フォーラム(WEF:World Economic Forum)の「ICT競争力ランキング」では3連続の第1位を獲得した。総務省も『情報通信白書 平成21年度版』において、デンマークを「日本が目指すべき‘対極の国’」と位置づけている。なぜ、デンマークはICT利用を促進できるのだろうか。日本が学ぶべきデンマークのICT政策や利用促進の取り組みはどこにあるのか。  本ワークショップでは、デンマークの行政、医療、教育の3分野の情報化について、2009年11月に実施した現地ヒアリング調査結果を報告する。また、ICT利用促進の背景、国家戦略や推進体制など、日本との比較分析を通じて、日本への示唆を考える。


    講師プロフィール

    猪狩典子(いがりのりこ)国際大学グローバル・コミュニケーション・センター研究員。早稲田大学商学部卒、マーケティングコミュニケーション専攻。1998年、日本電信電話株式会社入社。(現、東日本電信電話株式会社)法人営業、経営企画、法人および中堅中小企業へのマーケティング戦略等を担当し、2008年から現職。主な関心は、電気通信市場における情報通信政策動向、IT戦略、ICT利用など。 豊福晋平(とよふくしんぺい)国際大学グローバル・コミュニケーション・センター主任研究員/准教授。専門は、教育工学・学校教育心理学・学校経営。主に教育情報化(広報・校務)にかかわるIT環境整備およびシステム化、学校の社会的価値の可視化に関する研究に従事。共著に『IT2001何が問題か』(岩波書店、2000年)、『誰でも簡単にできる学校Webサイト活用法』(高陵社、2005年)など。

  • 資料はこちらからダウンロードできます。【会員限定】
  • http://www.glocom.ac.jp/erp/20100217siryou.pdf http://www.glocom.ac.jp/erp/20100217siryou2.pdf
  • レポートはこちらからダウンロードできます。【会員限定】
  • http://www.glocom.ac.jp/erp/20100217report.pdf

    2010-02-17