国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >


公開シンポジウム「オープンデータが拓く未来 〜動き出した日本の公共データ活用〜」

お知らせ

開催レポートをUPしました

当日の様子の一部を以下からご覧いただけます

関連イベントのご案内

日時
2012年5月31日(木) 13:30 ~ 16:15 /開場 13:00
会場
日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール
(東京都千代田区日比谷公園1-4 / 旧・都立日比谷図書館)
主催
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
後援
株式会社NTTデータ

開催趣旨

 世界最高水準である日本の情報通信基盤を活用し、その恩恵を広く国民が受けるためのカギ は、データの活用にある。欧米諸国では制度の整備とともに公共データの有効活用(オープンデータ)に向けた取り組みが進んでいるが、これは日本においても新産業創出や行政サービスの効率化等にとって有効な取り組みになりうる。本シンポジウムでは、日本におけるオープンデータの可能性や、活用を進めていく上での課題について考える。
 前半は、IT戦略本部員である野原佐和子氏による問題提起と、欧州におけるオープンデータの政策面の動向の報告、およびこの問題について継続的に検討を重ねてきたIT戦略本部電子行政タスクフォース構成員からの報告を行う。後半は、技術者やジャーナリスト、自治体などオープンデータの成功にとって重要な役割を担う多様な立場からの論者をパネルに迎え、今後我が国がオープンデータ実現へ向けてとるべきアクションを参加者の皆さんと考えたい。

プログラム

13:00
開場
13:30 – 14:00
基調講演「オープンデータ:日本の現状と可能性」
野原 佐和子(株式会社イプシ・マーケティング研究所代表取締役社長)
14:00 – 14:20
報告1「欧州におけるオープンデータ政策の現状」
高木 聡一郎(株式会社NTTデータ企画調整室IT政策推進グループ課長代理)
14:20 – 14:30
報告2「『国家データ戦略』に向けて」
庄司 昌彦(国際大学GLOCOM主任研究員/講師)
14:30 – 15:00
パネリストコメント
川島 宏一(佐賀県特別顧問,IT戦略本部電子行政タスクフォース構成員)
福野 泰介(株式会社jig.jp代表取締役社長)
藤代 裕之(ジャーナリスト)
15:00 – 15:15
休憩
15:15 – 16:15
パネルディスカッション「動き出した日本の公共データ活用」
野原 佐和子, 川島 宏一, 福野 泰介, 藤代 裕之, 高木 聡一郎
【モデレータ】庄司 昌彦

登壇者

野原佐和子氏写真

野原 佐和子(のはら・さわこ)

株式会社イプシ・マーケティング研究所代表取締役社長として、IT/ICTビジネスに関する調査及び戦略コンサルティング事業を展開するとともに、IT戦略本部有識者本部員、IT戦略本部情報セキュリティ政策会議、経済産業省産業構造審議会総会・情報経済分科会、総務省情報通信審議会新事業創出戦略委員会・研究開発戦略委員会、公正取引委員会独占禁止懇話会、文化庁文化審議会著作権分科会他、数多くの審議会・委員会の委員として政策提言に参画。また、日本電気株式会社社外取締役、慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授としても活動。

高木聡一郎氏写真

高木 聡一郎(たかぎ・そういちろう)

株式会社NTTデータ 企画調整室 IT政策推進グループ課長代理。1997年NTTデータ通信(現株式 会社NTTデータ)入社、同社システム科学研究所を経て、現所属にてIT政策の調査・研究に従事。これまでに慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員、ハーバード大学ケネディスクール行政大学院フェロー等を務める。主な著書に『知識資産経営と組織パフォーマンス』(共著、白桃書房、2009年)、『市民参加と合意形成』(共著、学芸出版社、2005年)など。

庄司昌彦写真

庄司 昌彦(しょうじ・まさひこ)

国際大学GLOCOM主任研究員・講師。主な関心は情報社会学、電子行政、地域情報化、ネットコミュニティ、社会イノベーションなど。近年は政治とネット、オープンガバメントの研究にも従事。IT戦略本部電子行政タスクフォース構成員、一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)理事なども務めている。共著に『地域SNS最前線Web2.0時代のまちおこし実践ガイ ド』(アスキー、2007)など。『行政&情報システム』誌で「行政情報化新時代」を連載中。

川島宏一氏写真

川島 宏一(かわしま・ひろいち)

佐賀県特別顧問。専門は、ICTと公共サービス・イノベーション。社会工学博士。佐賀県CIOとして同県の全業務内容を開示し民間との協働化を進めた「協働化テスト」が国連公共サービス賞を日本初受賞(2010年度)。世界銀行、国土交通省および北九州市で建築・都市政策に従事。IT戦略本部電子行政タスクフォース構成員、政府情報システム刷新有識者会議構成員なども務めている。

福野泰介氏写真

福野 泰介(ふくの・たいすけ)

株式会社jig.jp代表取締役社長。1978年生まれ、ファミコンに感動し、MSXでプログラミングを覚え、福井高専に進学。地震予知研究の手伝いと、GISアプリ開発のアルバイトを通じ、人の役に立つツールソフトウェアを作ることにやりがいを感じる。モバイル向けツールの開発提供に特化する株式会社jig.jpを設立し、2004年、世界初のダウンロード型フルブラウザ「jigブラウザ」を提供、2010年W3Cに加盟、現在はソーシャルでセマンティックな時代に合うブラウザを企画開発中。在住している鯖江市のオープンガバメント化「データシティさばえ」の提案や支援を、個人テーマ「一日一創」での成果物の発表とあわせて行なっている。

藤代裕之氏写真

藤代 裕之(ふじしろ・ひろゆき)

ジャーナリスト。1973年徳島県生まれ。広島大学卒、立教大学大学院博士前期課程修了。大学卒業後、徳島新聞に入社。記者として、社会部で司法・警察、地方部で地方自治などを取材。文化部で若者向け紙面改革に取り組む。2005年からNTTレゾナント(goo)。ニュースデスク、gooラボ、新規サービスの開発を担当。日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)代表運営委員。早稲田大学大学院ジャーナリズムコース非常勤講師。著書に『発信力の鍛え方』など。東日本大震災で情報ボランティア活動。活動により「SpikesAsia2011」のメディア部門でブロンズ受賞。

会場アクセス

日比谷図書文化館 (東京都千代田区日比谷公園1-4 旧・都立日比谷図書館)

日比谷図書文化館地図

ご注意とお願い

情報発信

参加費

無料

お問い合わせ

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
担当:安藤 久美子 Tel: 03-5411-6674 Mail: kando[at]glocom.ac.jp

2012-05-31