国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

ミドルメディアの冒険〜SNS全盛期のコンテンツ産業の次の一手を考える

講師
境 真良(国際大学GLOCOM客員研究員、株式会社ドワンゴ・ニコニコ事業統括本部・担当セクションマネージャー)
日時
2012年11月6日(火)15:00~17:00
会場
国際大学グローバル・ コミュニケーション ・センター
(東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
地図: http://www.glocom.ac.jp/access/

概要

 インターネット環境は、記号論的・機械的なグーグル型秩序に加えて、意味論的・人間的なSNS型秩序を得ることで、大きく変化し始めている。そこから必然的に生まれる様々なプラットフォームが並立する形の空間構造は、インターネット環境そのものを、IPによる一様空間環境から、分断されたいくつものコミュニケーション大陸が相互連携する構造へと変容させてきた。コンテンツ産業のビジネスモデルはインターネットの出現によってこれまでも大きく変容してきたが、このインターネット環境そのものの変化によって、その産業のエコシステムに新たなバランスシフトが生じることとなり、それによってビジネスモデルにも新たな傾向が生まれようとしているのではないか。「ミドルメディア」をキーワードとして、この新たなバランスシフトの意味と、具体的なビジネスモデルの変化について、足下の実例を交えながら、考えてみたい。


講師略歴

境 真良(さかい・まさよし)

 1968年、東京都生まれ。93年通商産業省入省。2001年から、経済産業省メディアコンテンツ課課長補佐、東京国際映画祭事務局長、早稲田大学大学院GITS客員准教授、経済産業省国際戦略情報分析官(情報産業)等を経て、2012年よりニコニコ動画に参加(官民交流)。国際大学GLOCOM客員研究員。アジアの都市文化融合現象を30年追っており、趣味は海賊版収集の他、アイドル研究、読書(マンガ)、コンピュータいじり等。


ご参加について

 本研究ワークショップは情報通信分野を中心に、現在の日本の経済・社会を考える上で欠かすことのできないテーマについて、講演と議論を通じて知見を深めて頂くものです。国際大学GLOCOMのエグゼクティブ・リサーチ・プログラム(ERP)に参加されている企業に所属されている皆様、GLOCOM客員研究員、同フェローおよびRAの皆様にご参加をいただいております。上記の皆様のご参加は無料です。

資料

  • ダイジェストはこちらからダウンロードできます。【会員限定】
    http://www.glocom.ac.jp/erp/20121106report.pdf
  • 資料はこちらからダウンロードできます。【会員限定】
    http://www.glocom.ac.jp/erp/20121106siryou.pdf
  • 2012-11-06