国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >


オープン・データ・ポータルの成功とライセンシング:実務課題をどう解くか(Innovation Nippon 第3回)

日時
2013年12月20日(金)17時~19時
会場
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
(東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
地図: http://www.glocom.ac.jp/access/
定員
50名
主催
Innovation Nipponプロジェクト
※Innovation Nipponプロジェクトは、日本におけるICT活用のイノベーションを推進するべくグーグル株式会社と国際大学GLOCOMが共同で立ち上げるプロジェクトです。
後援
オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン,クリエイティブ・コモンズ・ジャパン
開催主旨
 国の試行版オープン・データ・カタログのローンチも近づきつつある中、データのオープン化に関する実務的ノウハウの共有が重要性を増している。例えばデータの利用条件は、自由で簡便な利用条件を望む利用者側と、不測の事態に備えて厳しい制約条件を課したい場合がある提供者側との意向がズレることがある点である。日本でも既に先進的な自治体や省庁による取り組みが存在していることを踏まえ、本シンポジウムでは著作権やライセンシング、利用条件の設定を中心に、データの提供と利用を最大限成功させるための課題と解決策を論じる。

 本シンポジウムは、ICTを通じた日本のイノベーションを推進するべく、Google Japanと国際大学GLOCOMが発起人となって立ち上げた「Innovation Nipponプロジェクト」の一環として実施されるもので、シンポジウム・シリーズの第三回目となります。

WEB中継
http://www.youtube.com/channel/UCaTPpGxP1CYY4EZtHUwV8hg
※時間になりましたら視聴可能となります。
資料
本日の資料は下記よりダウンロードしてご覧ください。
・井上由里子 http://www.glocom.ac.jp/project/innovation_nippon/20131220_siryou_inoue.pdf
・鈴木太郎 http://www.glocom.ac.jp/project/innovation_nippon/20131220_siryou_suzuki.pdf
・池田安克 http://www.glocom.ac.jp/project/innovation_nippon/20131220_siryou_ikeda.pdf
プログラム
17:00 ~ 趣旨説明と挨拶
      渡辺智暁(GLOCOM主幹研究員 准教授)
17:10 ~ 問題提起
      井上由里子(一橋大学 国際企業戦略研究科 教授)
      鈴木太郎(横浜市議会議員・自民党)
      池田安克(青森県商工労働部 新産業創造課 情報産業振興グループ 主査)
18:10 ~ パネルディスカッション
19:00   終了
参加費
無料
お申込み方法
以下のページのお申込みフォームからご登録をお願いいたします。 https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?usp=drive_web&formkey=dHNhQU93RTQ4cm1VQnNpanB6Q0NoT3c6MA#gid=3
定員を超えた場合には先着順とさせていただきますので、お早目にお申込みください。
ウェブからのお申込みフォームが利用できない場合には電子メールにてお問い合わせください。
関連イベントのご案内
同日、同じ会場で19時30分より以下のイベントも開催いたします。
ご興味がある方はこちらもあわせてご参加ください。
・オープンデータトークシリーズ第7回 「オープンデータ自治体担当者サミット」
詳細・お申込みは以下のお申込みフォームからご登録をお願いいたします。
http://peatix.com/event/25038
お問い合わせ
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
担当:小島/工藤 Tel: 03-5411-6675 Mail:info_erp[at]glocom.ac.jp

2013-12-20