国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >


組織紹介

ごあいさつ

 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)は、1991年に国際大学付属研究機関として設立されて以来、現代の政治・経済・文化に関する学際的な研究および情報通信技術の発展と普及に根ざした新たな情報社会の編成原理の研究を進めてまいりました。
 GLOCOMの研究活動の特色は、本センターが財界・官界の強い支援の下に開設された経緯に鑑み、産官学民の結節の場として、社会経済の現実を踏まえた未来志向の研究とその実践が行われてきたことにあります。特にインターネット社会の到来期には、社会科学系研究者の拠点として、広く日本での啓発活動を行ってきました。そして、その底流にある大きな社会変化に対する学究的考察を“情報社会学”として深くとらえ、現在もGLOCOMの活動の核として研究を続けております。近年では、オープンデータやビッグデータ等の情報活用研究やブロックチェーン等の新しい技術が社会経済に及ぼす影響と新技術活用のための環境整備に関する研究、また、イノベーション行動科学や合意形成科学等のプラットフォーム研究といった新たなテーマを加えるなど、研究領域の一層の拡大を図っております。
 GLOCOMでは、多様な自主研究に加え、企業・省庁からの受託研究や、複数の会員のみなさまとの共同研究等、各目的にあった柔軟な形態で、常に研究と実践のバランスを意識し、原理原則と現実感を併せ持つ特徴ある活動を目指していきたいと思っております。
 目まぐるしく変化する世界の中で本質的・構造的な変化を見極め、日本の社会経済の発展に寄与できる先端研究所として、みなさまのご要望に応え、満足のいく研究成果をご提供できるように努力していく所存でおりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 所長 前川 徹国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
所長 前川 徹

GLOCOM Ideas
GLOCOM沿革 / 研究所案内(PDF)

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
Center for Global Communications, International University of Japan

〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
TEL:03-5411-6677 FAX:03-5412-7111

主な事業内容: 受託研究、共同研究、研究セミナー、会員事業 他

■所長:
前川徹
■顧問・特別主幹研究員:
庄野次郎
■アドバイザー:
宇治則孝、中島洋
■業務ディレクター:
谷本進、徳山豊
□情報社会研究グループ

高木聡一郎 (研究部長)
豊福晋平
庄司昌彦
中西崇文
山口真一
・情報社会研究グループ各研究員の紹介は、研究員紹介ページをご参照ください。
・総研究者数 121名(2016年7月1日現在)
□プラットフォーム研究グループ

小林奈穂
渡邉むつみ
青木志保子
□事業管理部(業務管理/プロジェクト推進)

宮崎裕子(部長/シニア・コーディネータ)
小島安紀子(課長/シニア・コーディネータ)
安藤久美子(課長/シニア・コーディネータ)
福田知美(チーフ・コーディネータ)