国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

智場#123

特集号 データ・エコノミーの未来: 日本の競争戦略と個人情報保護

第1章  日本でデータを活用したイノベーションが起きない理由と解決策

クロサカ タツヤ(株式会社企 代表取締役)

第2章  日本のデータ戦略・プラットフォーマー戦略を考える

渡邊 昇治(経済産業省 大臣官房審議官)

第3章  日本におけるデータ利活用の課題

杉原 佳尭(在日米国商工会議所 副会頭・デジタルエコノミー委員会共同委員長)

第4章  AIドリブンイノベーション時代の日本の産業競争力

元橋 一之(東京大学先端科学技術研究センター 教授)

第5章  日本企業がデータ利活用を進めるための「三本の矢」

山口 真一(国際大学GLOCOM 准教授・主任研究員)

第6章  データが競争力を生む時代の経済政策

田中 辰雄(慶應義塾大学経済学部 教授)

第7章  日本流パーソナルデータ利活用の実現に向けた企業変革:
プライバシー保護とイノベーションのトレードオンを目指して

若目田 光生(株式会社日本総合研究所 上席主任研究員)

第8章  パーソナルデータ利活用の制度的課題

森 亮二(弁護士法人英知法律事務所 パートナー弁護士)

第9章  <対談>人々の生活を豊かにするデータ利活用エコシステムとは何か

庄司 昌彦(武蔵大学社会学部 教授) × 渡辺 智暁(国際大学GLOCOM 教授・主幹研究員・研究部長)

第10章 <レポート>シンポジウム『日本流データ利活用の未来』