HOME > COLUMN > 2005 > August 1, 2005

2005 - August 1, 2005

ポップ・カルチャーとパブリック・ディプロマシー

August 1, 2005 [ 2005 ] このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 講師:岡田眞樹
  • 外務省広報文化交流担当審議官

 ポップ・カルチャーと言えば、マンガ、アニメ、ゲーム、ポップ・ミュージックなどといった主に若者向けの、軽佻浮薄とも揶揄されがちな大衆文化である。それがパブリック・ディプロマシーあるいは文化広報外交という、国家の外交戦略とどう結び付くのだろうか。

 7月29日のIECP研究会は、外務省広報文化交流担当審議官の岡田眞樹氏を講師に迎え、「ポップ・カルチャーとパブリック・ディプロマシー」と題して開催された。講師の岡田氏は、海外広報課長、東欧課長、通信課長、報道担当参事官、儀典長を歴任され、フランクフルト、北京、シンガポールなどでの在外勤務も長く経験された方である。今回の研究会では、広報・文化交流の位置付けと現地での実務、日本のアニメやマンガの海外での受け入れられ方、日本のポップ・カルチャーを文化広報外交に組み込んでいくに当たっての課題などを、最も長く駐在されたドイツ語圏での事例を交じえながら話していただいた。

ソフト・パワーとパブリック・ディプロマシー

 最近注目されているソフト・パワーとは、ハーバード大学のジョセフ・S・ナイ教授が提唱したもので、軍事力や経済力といったハード・パワーに並列する概念であり、その国の文化、政治的価値あるいは外交政策の魅力により、他国の人をして自分が望む結果を望むように仕向けることである。例えば米国は、軍事力と経済力という圧倒的なハード・パワーを誇る一方で、民主主義、人権尊重、豊かなライフスタイル、ポップ・ミュージック、ハリウッド映画といった政治的価値や文化によって世界を引き付け、それが生み出すソフト・パワーが米国の外交上の目的達成に貢献してきた。

 パブリック・ディプロマシーという考え方は、このソフト・パワーを従来以上に意図的、積極的に外交に利用しようとするものだ。ソフト・パワーやパブリック・ディプロマシーという新しい用語を用いると否とにかかわらず、民主化やグローバル化の進展により、安全保障や経済的繁栄といった外交目標を達成する上で、広報や文化交流の持つ役割は増大してきている。特に日本は、国際問題の解決にハード・パワー、なかんずく軍事力を利用することを放棄しており、諸外国の人々に働きかける上でソフト・パワーを一層効果的に使っていかなければならない。

海外で注目される日本のポップ・カルチャー

 岡田氏によると、広報や文化交流外交に使えるものというと、かつては能、歌舞伎、茶華道、書道、浮世絵といった伝統的なものが中心であったが、最近ではアニメ、マンガ、Jポップなどの価値が増してきているという。民主主義が世界に広がるにつれ、一部のインテリ層だけではなく、一般市民や若者の政治への影響力が無視できないものになっている状況で、日本のポップ・カルチャーはそういった人々に対して強力な訴求力を持っている。ポップ・カルチャーの受け入れ側の事情をきちんと理解し、文化の分野ごとの特性を踏まえ、効果的に外交に使っていくことが喫緊の課題である。

 講演では、ポップ・カルチャーに限らず日本の現代文化は世界的になってきており、例えば村上春樹や吉本ばななの作品はどこの本屋にも置いてあること、『ポケットモンスター』などのテレビ・アニメがドイツ語で放映されて子供たちがよく見ていること、若者に受けているビジュアル系Jポップ、マンガ・フェスティバルの様子などが紹介された。マンガ・フェスティバルの会場ではコスプレショーも行われていて、特にセーラームーンやカードキャプターさくらなどが女の子に人気だという。これについて岡田氏は、ジェントルマンに庇護されるレディー(例えばポパイとオリーブ)という欧米の伝統的な女性像に対して、自分の運命は自分で切り開いていく新しいタイプの女性像(セーラームーン)が支持されたのではないか、とコメントされた。

 また岡田氏は、日本のポップ・カルチャーの欧米での人気は、以下の点で歴史の流れを変える力を持っていると述べた。

新しい尺度、新しいゲームのルール
マンガやアニメなど、ブームになっているポップ・カルチャーは、日本で新たに生み出された表現様式である。欧米で作られたルールに乗るのではなく、ルールそのものを新しく作り出すことが、これからの世界をリードしていく上では決定的に重要なことだ。
文化の日本への一方通行の流れが逆転
明治の近代化が始まってから、日本は科学技術だけでなく「和魂洋才」と言いつつ欧米文化を取り入れ、それに影響されてきた一方で、日本の文化が欧米人の人格形成に影響を与えることは皆無だった。それが、1990年代末から大逆転を果たしている。
国と国、文明と文明の関係を変える
ポップ・カルチャーが特に子供や若者というこれからの世代に人気があることで、人格形成期の彼らに日本が一定の意味を持つようになっており、これが欧米の日本を見る目を変化させ、欧米と日本を対等な存在にしつつある。
自分の文化、自分の価値判断、自分の尺度への自信
日本のインテリは欧米文化に対してコンプレックスを抱きがちで、日本文化自体の評価も含め、あらゆる判断の基準を欧米に求める傾向がある。ところが、マンガを始めとして、影響力のある和製ポップ・カルチャーは、外の目を考えずに自分たちの目を信じて育ってきたものだ。この良い先例に倣い、我々は自分の文化・価値判断・尺度に自信を持つべきである。

知恵とボランティアをフル活用して

 では現地では、実際にどのような形でポップ・カルチャーを外交に利用しているのだろうか。これについて岡田氏は、ご自身の経験から次のような活動を紹介した。

  • ポップ・カルチャーの普及推進・擁護
    • マンガ出版社、マンガ・アニメのフェスティバル、マンガ・アニメのファン・クラブ、書籍見本市などの関係者と人的なネットワークを作る。マーケットの構造を知り、関係者とネットワークを作り共同作業をしていくことは、ポップ・カルチャーの普及のため、さらには外交への利用にも決定的に重要。
    • 暴力や性描写、少年愛などといった一面的な部分を誇張して和製ポップ・カルチャーを批判する者に対しては、こういった現地の関係者と一緒になって抗議し、あるいは講演会などで取り上げてきちんと否定する。
  • ポップ・カルチャーの力を借りて日本情報の伝達
    • マンガ雑誌やアニメ・フェスティバルなどで、一般的な日本の紹介をしてもらう。また、例えば業者がパッケージに組んだ日本へのマンガ・ツアーの宣伝や一般的な観光宣伝にも利用する。
    • マンガを利用した日本語教科書の実現に協力する。
  • 在外公館の広報文化活動にポップ・カルチャーを利用
    • ヒューマノイド/ロボット(例えばROBO-ONEの優勝チーム)のデモやマンガ教室といった人気のあるプログラムを広報文化活動に組み込み、動員を図る。
    • ポスターにマンガを使うなどして、魅力を増す。
    • 学校における日本紹介などのプレゼンにポップ・カルチャー(動画)を入れて、魅力を増す。 ──など

 ちなみに、岡田氏によると、在外公館が文化交流に使える年間予算は、平均すると一カ所当たり二百万円程度しかなく、これでイベントの会場費、パンフレット制作費、諸経費などをすべてまかなうのだそうである。講演では、現地の学校で日本料理、折紙、書道、囲碁などを紹介するイベントや、ドイツ語に訳した日本の歌を披露する演奏会などが紹介されていたが、在外公館の館員が汗を流し、ときには自腹を切って仕事をし、さらには現地に住んでいる人たちにボランティアをお願いして実施せざるをえない状況だということであった。

若干の提案

 最後に岡田氏は、ポップ・カルチャーを単なるブームで終わらせず、海外のマーケットを育てていくためには、何らかの働きかけが必要ではないかとして、次のような提案を行った。

  • 日本のルール=価値基準の強化
    • ポップ・カルチャーのノーベル賞:日本がルールを作り出したものについては、世界的に権威のある賞を作り、将来とも、日本の本家性を確保する(「愛・地球博」に際して行われる世界コスプレ・サミットなどは、興味深い試み)。
    • マンガやアニメなど和製ポップ・カルチャーの研究・教育のメッカをつくる。
    • ポップ・カルチャー・フェスティバルを官民合同で世界各国において実施する。
  • 在外公館のポップ・カルチャー宣伝機能の一層の利用と支援
    • そのためには、アニメ、映画、テレビ・ドラマの予告編・部分的カット、歌手の宣伝用クリップなどの動画を無償で提供してほしい。
    • 誰でも利用できるポップ・カルチャーのデジタル・アーカイブができて、海外からサンプルを自由にダウンロードして使用できるようになると非常に効果的。
  • 業界関係者は中長期的視野に立って海外展開
    • 特に東アジアに対し、韓国製に対抗しうるテレビ・ドラマの供給の実現。価格の問題だけでなく、アジアのスターを作る努力が必要。

2005年7月29日開催(編集部)