HOME > コラム > 設計未来 > 集合知の未来/ネットの知からみんなの力へ > 山口浩/第1信 (1)

往復書簡シリーズ 設計未来 : ポスト情報化社会を展望する

山口 浩×渡辺智暁

集合知の未来
ネットの知からみんなの力へ

15年間にわたるコンピュータとインターネットの一般普及がもたらした多くのもののうち、最も根本的なものが、人々のコミュニケーションの変容だろう。それは、単に物理的な距離や時間の制約を越えて人々を結びつけるのみならず、見知らぬ人同士を見知らぬ人同士のまま協同させ、我々がかつて経験したことのない規模での「集合知」を産生させつつある。

学術、経済、政治など、様々な場面におけるその導入は、人類の知をどう変革し、いかなる力をもたらすのか。ネットにおける様々な価値創造や意思決定の諸相を研究する山口浩氏と渡辺智暁氏が、よりよい「集合知」の在り方やコーディネートの手法をめぐる議論を深め合う。

山口 浩/第1信 (1)

2010年11月29日

GLOCOM 渡辺智暁さま

山口です。このたび、「集合知の未来を考える」というテーマで往復書簡をすることになりました。よろしくお願いいたします。

「集合知」への様々なイメージ

とはいえ、どこから始めていいのか若干とまどっています。そもそも、「集合知」ということば自体、必ずしも明確な定義をもったものではないわけで、誰かと話していても、互いに持っている「集合知」のイメージがちがったりすることもよくあるわけですから。

たとえば、集合知を、最近現れたネット上の現象とみる人が少なからずいます。しかしご存知の通り、そもそも集合知自体は、別に最近新たに見つかったものではありません。古代ギリシャの民主政をはじめ、合議制による意思決定システムは歴史上数多く記録されていますし、記録に残らないところでも無数の意思決定が集合知によって行われていたでしょう。また、そもそも集合知は人間に固有のものでもないわけで、生物の集団があたかも1つの生命体であるかのようにふるまう行動は、細菌も含む幅広い種にみられます。

また、「知」というと何か、非常に賢いとか正しいとか、そういった「ふつうより上」というイメージを持つ人もいますが、必ずしもそうである必要もないわけです。その意味でいうなら、しばしば集合知と対極のように語られる「衆愚」も、また集合知の一部であるということになるでしょう。つまり集合知は、私たちの周囲にずっと昔から当たり前のものとして存在していたものであるわけです。

とはいえ、それが今になって注目を集めるようになったのは、やはりコンピュータとインターネットの発達によるものです。これらの技術によって、私たちは、情報を処理する力、人と人とを結びつける力を大幅に増大させることとなりました。もちろんこれらは、基本的に人間の能力を拡張するものであって、人間そのものを変えるわけではないのですが、これまで私たちの社会が前提としてきた制約条件が大きく変わったのは事実です。それによって、集合知がもたらしうるメリットやデメリットの規模も、その結果として社会に与えるインパクトも、大きくなってきたことは否定できません。

そういう意味で、ここでは、集合知の中でも主に、人と人がネットを介してつながることにより生まれる新たな「知」を主に念頭において書いてみます。

集合知の何に注目するかについても、人によって差があるように思われます。たとえば、集合知による予測や意思決定がしばしば高い精度を示すことや、逆にカスケードや衆愚などに陥ってあまり賢明でない結果を生み出すこともしばしばあることなど、集合知による意思決定を関心の対象とする人たちがいます。また、集合知を活かすことで組織改革やコスト削減がはかれるなど、意思決定プロセスへの影響に注目する人たちもいます。中には、集合知を形成するプロセスに多くの人々が参加すること自体にイデオロギー的な意義を見出す人もいるでしょう。他にもいろいろな視点があると思います。

このままだと論点を絞れないので、とりあえず、今私がやっていることから書き始めてみたいと思います。この10月から11月にかけて6回にわたり、ここGLOCOMで「ネットの力、みんなのチカラ」というシリーズ講演会のプロジェクトを実施しました。これは、簡単にいえば、「ネットを使ってみんなの力を集めると世の中はもっとよくできるんじゃないか」という共通テーマを設定して、何人かの方にお得意の領域でご講演いただくというものです。ネットでみんなが力を合わせるという話ですから、これ全体が集合知を取り上げたものとみることができるかと思います。

いろいろな話があってとても面白かったのですが、共通する要素としてひとつ感じたのは、「なんでもただみんなの力や知恵を集めればいいというもんじゃない」という、考えてみればしごく当たり前の話です。これに関し、あまり語られることがないようですが、けっこう根本的で、少し面倒な論点があると感じていたので、この点をまずご質問してみたいと思います。

集合知の未来
ネットの知からみんなの力へ

プロフィール写真:山口浩
山口 浩
(やまぐち・ひろし)
1963年生まれ。駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部准教授。専門はファイナンス、経営学。コンテンツファイナンス、予測市場、仮想世界の経済等、金融・契約・情報の技術の新たな融合の可能性が目下の研究テーマ。著書に『リスクの正体!―賢いリスクとのつきあい方』(バジリコ)がある。
プロフィール写真:渡辺智暁
渡辺 智暁
(わたなべ・ともあき)
国際大学GLOCOM主任研究員。専門は情報通信政策と情報社会論。米国の通信インフラ政策、コンテンツ産業と著作権関連政策などを研究するほか、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのスタッフやウィキペディア日本語版での管理者ボランティアなどの経験を持つ。2008年よりGLOCOM研究員となった。