国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

DISCUSSION PAPER_No.8(17-006) “Social Capital and Blockchain-based Digital Currencies”

DISCUSSION PAPER No.8(17-006)

“Social Capital and Blockchain-based Digital Currencies”

Soichiro Takagi(Associate Professor, Center for Global Communications, International University of Japan)

Abstract

Blockchain technology has provided a new way of managing a community and the collective action of stakeholders which are not governed by authorities. On the other hand, social capital also plays the critical role to make community to function. This paper tries to reveal the hidden impact of blockchain technology on social capital, and how blockchain technology can help promote communities. This paper proposes the framework to assess the impact of blockchain-enabled services on social capital, and examine three case studies: local currency, token issuance by individuals, and Bitcoin split. From these exploratory analyses, it is inferred that the impact depends on the design of the services, and the positive impact on social capital would be more expected when the tokens are separated from capitalization based on fiat money and less focused on the direct economic returns.

Keyword

Blockchain, Social Capital, Digital Currency, Bitcoin

和文要旨

ブロックチェーン技術は、権威的な組織によるガバナンスがなくとも、コミュニティを運営し、関係者の協力を生み出すことができる新たな手段を提供している。その一方で、ソーシャルキャピタルは以前からコミュニティが機能するために重要な役割を果たしてきた。本稿は、ブロックチェーン技術がソーシャルキャピタルにもたらす隠された影響を明らかにし、当該技術がいかにコミュニティの形成を促進することができるかを明らかにするものである。本稿ではブロックチェーン技術を用いたサービスがソーシャルキャピタルに与える影響を検討するためのフレームワークを提案し、地域通貨、個人によるトークン発行、そしてビットコインの分裂という3つのケースから検討する。これらの探索的検討から、ソーシャルキャピタルへの影響度はサービスの設計に依存し、その正の影響は、トークンがフィアットマネーに基づく資本形成からより分離され、またサービスが直接的な経済的メリットを主眼としていないほど高いことが示唆された。

キーワード

ブロックチェーン、ソーシャルキャピタル、デジタル通貨、ビットコイン

2017年12月発行