国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 平成27年版情報通信白書読書会【公開コロキウム】

日時

2015年8月20日(木) 15:00~17:00

講師

林 弘郷(総務省情報通信国際戦略局情報通信経済室長)

コメンテータ

砂田 薫(国際大学GLOCOM主幹研究員/情報通信白書編集委員)

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

定員

60名(先着順)

概要

国際大学GLOCOMは公開コロキウムとして、『平成27年版情報通信白書』(総務省発行)読書会を上記日程で開催いたします。
1985年の通信自由化から30周年を迎えた今年は、過去を検証し、現在を分析して、未来を展望することが同白書の特集テーマとなっています。過去から現在にかけては、30年のICT産業と政策の歴史を振り返り、定量的・定性的の両面から検証を行うとともに、同産業の構造変化やICT利活用の変遷についても解説されています。また、ICTが拓く未来社会についても詳しく述べられています。「地域の未来」については経済・雇用・地域課題とICTとの関係を、「暮らしの未来」ではウェアラブルデバイス、コネクテッドカー、パートナーロボット等の新技術やシェアリングエコノミーの可能性を、そして「産業の未来」ではICT産業だけでなく日本経済とICTの関係を、それぞれ解説しています。
本コロキウムでは、白書をとりまとめられた総務省情報通信経済室長の林弘郷様に今年の白書のポイントついてお話しいただき、参加者とディスカッションを深めます。

登壇者略歴

    ◆講師

 林 弘郷(はやし・ひろさと)
総務省情報通信国際戦略局情報通信経済室長。1993年郵政省(現・総務省)入省。総務省情報通信国際戦略局情報通信政策課課長補佐(通信・放送融合法制担当)、情報流通行政局放送政策課企画官(エリア放送等担当)、内閣官房知的財産戦略推進事務局企画官(クールジャパン担当)などを経て、2014年より現職。東京都出身。

    ◆コメンテータ

 砂田 薫(すなだ・かおる)
国際大学GLOCOM主幹研究員。ビジネス系コンピュータ雑誌の取材・執筆活動を経て、2003年からGLOCOMで調査研究に従事。近年は、北欧諸国・韓国におけるICT活用と政策、「人間中心の情報システム」に関する研究を行っている。総務省『情報通信白書』(平成22~27年版)編集委員。総務省・情報通信審議会ユニバーサルサービス委員会委員。経済産業省・産業構造審議会情報経済小委員会委員。

平成27年版情報通信白書について

情報通信白書は、総務省の下記アドレスで全文が公開されています。
また、電子書籍コンテンツを無料でダウンロードすることも可能です。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/index.html

参加費

無料

資料

    下記よりダウンロードしてご覧ください。
    20150820shiryo

ダイジェストレポート

お問い合わせ

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
担当:小島・武田 Tel: 03-5411-6676 Mail:info_erp[at]glocom.ac.jp