国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 Innovation TOKYO for 2020 and beyond ~対話から新しい東京のかたちを探る~ 第2回「まちなかでの捨てる」を楽しみやすく ~静脈システムから、気持ちのいい「モノとの関わり」を考える~

logo_innovation_nipponbig
Innovation Nippon
(発起人:国際大学GLOCOM、グーグル株式会社)
Innovation TOKYO for 2020 and beyond ~対話から新しい東京のかたちを探る~

開催日時

2015年11月11日(水) 18:00-21:00

会場

SHIBAURA HOUSE(東京都港区芝浦3-15-4)
アクセス:JR 田町駅芝浦口より徒歩7分
     都営三田線・浅草線A4出口より徒歩10分

主催

Innovation Nipponプロジェクト
※Innovation Nipponプロジェクトは、日本におけるICT活用のイノベーションを推進するべくグーグル株式会社と国際大学GLOCOMが共同で立ち上げたプロジェクトです。

開催趣旨

2020年のオリンピック・パラリンピックとその先の時代を見据え、国際化・スマート化・高機能化・快適化…といった東京の街のアップグレードを進める際に効果的なイノベーションとはどのようなものでしょうか。そこでインターネットやテクノロジーがもたらす価値とはどのようなものでしょうか。さまざまな業種や立場の方々にお集まりいただき、ユーザー視点から対話し、考えるワークショップシリーズを開催します。
第2回目となる本ワークショップでは、「まちなかでの捨てる」について取り上げます。利用者・消費者の目線でまちなかでのモノ・ゴミとの関わりを静脈システムとしてとらえ、楽しく、心地よいエクスペリエンスを提供する空間のしくみや使い方、サービスにはどのようなものがあるか。また、捨てない=ゴミにならないモノのデザインの可能性について参加者の皆様と対話をすすめます。
本ワークショップは、「Innovation Nipponプロジェクト」の一環として実施されるものです。 これまでの活動についての詳細はこちらをご覧ください。

プログラム

問いを共有する
■ 18:00~18:15 (15分) サークル 
問題意識の共有(主催者から)
本日の進め方(ファシリテーターから)
チェックイン(お互いの自己紹介)
参加者の全体像を知ろう
 1. 本日のテーマ(捨てる/環境)に関する仕事をしている方
 2. 東京オリンピックパラリンピックに関する仕事をしている方
 3. IT関連の仕事をしている方
 4. 前回(移動)から連続参加の方
 5. その他のクリエイティブな皆様

変化の兆しを集める
■ 18:15~18:35 (20分) インスピレーショントーク
 
ゲストからのインスピレーショントーク
「まちなかでの捨てる」を楽しくする上で、フレッシュな視点を与えてくれる有識者・実践者にお話しいただきます。
登壇者:
崎田 裕子さん(NPO法人 持続可能な社会をつくる元気ネット 理事長)
小嶌 不二夫さん(株式会社ピリカ 代表取締役)


■ 18:35~18:45 (10分) グループ対話 
ラウンド1:オリンピックを契機とした「ありうる変化」は?
(ポジティブもネガティブも、ワイルドなものも)
4つの視点で、変化の兆しを発見します
・Politics 規制強化・緩和、税制の変化など
・Economy 産業、消費の変化など
・Society 教育水準、価値観の変化など
・Technology テクノロジー

■ 18:45~18:55 (10分) グループ対話2 
ラウンド2:「まちなかでの捨てる」を楽しみやすくするために、
「オリンピックを契機として起きる一過性ではない変化は?

重要な社会変化の要因を特定する
■ 18:55~19:15 (20分) ドット投票(Dot Voting)
 
各グループで、
「まちなかでの捨てる」を楽しみやくするために、
「オリンピックを契機として起きる一過性ではない変化」
のうち、「社会的インパクトが大きく、不確実性の高い(起きるか起きないか分からない)」変化を4つ選びます

すべてを壁に貼りだし、全員で投票します。

~~~ショートブレイク 19:15~19:30 (15分) ~~~
ドット投票を集計
集計結果の上位の兆しを共有します。

未来を構想する
■ 19:30~19:45 (15分) マグネットテーブル 
集計結果の上位の兆しを受けて、次の問いについて、A4用紙に大きな文字でアイデアを書きます。
問い:オリンピック開催中も開催後も、
どのように「まちなかでの捨てる」は楽しくなるか?

次に、書かれた用紙を持って歩き回ります。
できるだけ多くの人と見せあい、次の3つの観点で4名のチームを作ります。
1.書いていることが近い!
2.化学反応が起きそう!
3.自分のを捨てても一緒になりたい!

■ 19:45~20:00 (15分) ストーリーテリング(Storytelling) 
チーム全員でA4用紙のアイデアを共有します。
問い:オリンピック開催中も開催後も、 どのように「まちなかでの捨てる」は楽しくなるか?
チームとしてのアイデアの決定:
チームとして、そのうちの一人のアイデアを選ぶか、
綜合したアイデアを新たなA4用紙に書きます。


■ 20:00~20:30 (30分) 未来編集会議 
「まちなかでの捨てるが楽しみやすくなっている」成功状態を描きます。
その取り組みが未来のメディアに掲載されたと想定し、表現しましょう!
・日付、媒体名
・大見出し(成功状態をニュースとして感動的に表現)
・小見出し(それが実現したことを表す根拠など)
・イメージ(成功状態をイラストで!)
・本文(それをどう2020年までに実現したか?
    社会の動きをスピードアップさせた要因に関する記事)

未来編集会議新聞
■ 20:30~20:45(15分) プレゼンテーション
プロトタイピング結果を各チーム1分で共有します。

■ 20:45~21:00(15分) サークル
チェックアウト
問いかけ:
「まちなかでの捨てるを楽しみやすく」するために、
あなた自身は何ができると思いますか?

進行

庄司 昌彦(しょうじ まさひこ)
国際大学GLOCOM主任研究員
プロフィール

ファシリテーター

野村 恭彦(のむら たかひこ)
国際大学GLOCOM主幹研究員/株式会社フューチャーセッションズ 代表取締役社長
プロフィール

お申込方法

こちらの参加申込みフォームよりご登録ください。
  • 開催前までにリマインダメールをお送りします。
  • ウェブからの参加申込みフォームが利用できない場合は電子メールにてお問い合わせください。
  • 定員に達した場合お断りすることがあります。
  • 定員

    40名

    参加費

    無料(先着順)

    お問い合わせ

    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
    〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
    担当: 小島・戸田
    Tel: 03-5411-6675 Mail: info_erp[at]glocom.ac.jp