国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 「ヘルステックの情報社会論」研究会

GLOCOM229_70p

医療・ヘルスケア分野における最新のテクノロジー(ヘルステック)が躍進しています。
本研究会では、活用され始めた医療におけるリアルワールドデータ、海外に見るヘルステック活用事例を参照しつつ、情報社会論の視点から議論・研究を行い、今後の国内におけるヘルステックの可能性と課題についてせまります。

本研究会は、「海外に見るヘルステック活用事例」「医療におけるビッグデータの利活用」「国内におけるヘルステックの今後の可能性と課題」をテーマに3回の連続研究会として開催いたします。
初回は、「海外に見るヘルステック活用事例」と「医療におけるビッグデータの利活用」について以下の通り開催いたします。奮ってご参加ください。

日時

2016年2月29日(月)19:00~21:00(開場18:30)

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

住所

〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
 http://www.glocom.ac.jp/access/
 ※19時以降は正面玄関が閉まるため、ビル脇の通用口からビルにお入りください。
  (上記URLのアクセスページ最下部の案内図をご覧ください。)

参加費

無料

定員

60名程度(先着順)

主催

国際大学・グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
メドピア株式会社

プログラム

  • 講演1「医療におけるビッグデータ活用の現状と今後の課題」
      - 粂直人(京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 EHR共同研究講座 特定准教授)
  • 講演2「政府の医療ICT政策」
      - 宮田俊男(日本医療政策機構 エグゼクティブディレクター)
  • コメント
      - 庄司昌彦(国際大学GLOCOM准教授)
  • 全体ディスカッション

動画・写真の撮影について

当日の模様を収録した動画・写真が公開される可能性がございます。あらかじめご了承ください。

ダイジェストレポート

こちらからPDFをダウンロードしてご覧ください。

取材に関して

メディア関係者の皆様は、下記までお問い合わせください。
 「ヘルステックの情報社会論」研究会事務局 (メドピア株式会社内)
 Tel:03-6447-7961
 E-mail:pr[at]medpeer.co.jp(担当:藤野)
 ※[at] を小文字の @ にしてご連絡ください。

お問い合わせ

「ヘルステックの情報社会論」研究会事務局(国際大学GLOCOM内)
 Tel:03-5411-6677
 E-Mail:info_is[at]glocom.ac.jp(担当:安藤)