国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 ドイツのIndustrie4.0と日本製造業の連携【研究ワークショップ2016】

日時

2016年5月12日(木) 15:00~17:00

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

講師

澤田朋子氏(国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター海外動向ユニットフェロー)

定員

40名(先着順)

対象者

  • GLOCOM View of the World研究ワークショップ2016参加企業(2名様まで)
  • 国際大学GLOCOM のエグゼクティブ・リサーチ・プログラム(ERP)に参加されている企業に所属されている皆様
  • GLOCOM 客員研究員、同フェローの皆様
  • 概要

    2012 年、いち早く政府主導でIndustrie 4.0 というコンセプトを国家戦略として世界に打ち出したドイツであるが、その背景には工作機械での輸出では世界をリードしつつも、Google やApple などの米国のIT プラット フォーム企業による製造業のサービス産業化に自国の製造業が飲み込まれることや、中国製造業台頭への危惧がある。
    Industrie 4.0 は、将来的な構想として企業間のバリューチェーンの水平統合や、分散する中小工場を一体連携した巨大工場として稼働させること、そして最終段階ではヒト・資材・技術の企業間リソース共有を掲げている。しかし現状は、SAP 社やSiemens 社による、モノづくりからネットワーキングサービス提供型へとシフトした企業を中核に進行する基幹システムの統合パッケージ化の段階にあり、実践戦略の具体化が待たれる状況にある。
    本ワークショップでは、2016 年4 月にドイツで開催される世界最大の産業見本市、ハノーバーメッセからの最新情報も交えながら、ドイツと日本の製造業の未来を展望していく。

    講師略歴

    澤田朋子氏
    (国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター海外動向ユニットフェロー)

    tomoko_swada-JST_s 2000 年ミュンヘン大学政治学部大学院修了(国際政治学及び経済地理学専攻)。帰国後は民間のIT 系ベンチャー企業でウェブマーケティング及び地域資源活性化事業に従事し、2013 年より現職。

    参加申込み方法

    本研究ワークショップは、企業の皆様とともに新しいネットワーク社会における先進・先端情報から未来を展望し、広い視野から高感度経営を目指すための年間プログラムです。

    【1】
    ワークショップへの参加には法人・年間単位でのお申し込みが必要となります。新たに参加を希望される企業の皆様は、こちらのご案内ページをご参照ください。
    btn_WS



    【2】
    国際大学GLOCOM のエグゼクティブ・リサーチ・プログラム(ERP)に参加されている企業に所属されている皆様、GLOCOM 客員研究員、同フェローの皆様は、フォームよりご参加登録いただけます。

    別途メールでご案内する【参加コード】をご用意の上、こちらのお申込みフォームよりご登録ください。
    btn_WS_form




    *アクセス元の環境によっては、上記申し込み画面が表示されない場合がございます。その場合はお手数ですが、電子メールにてお問い合わせください。
    *定員に達しましたら、お申込み受付を終了いたします。お早めのお申し込みをお待ちしております。

    お問い合わせ

    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
     〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
     担当:小島・戸田 Tel: 03-5411-6675
     Mail: info_erp[at]glocom.ac.jp ← [at] を小文字の @ に置き換えて送信してください。