国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 認知症フレンドリージャパンサミット2016 開催のお知らせ

認知症フレンドリージャパン・サミット

国際大学GLOCOMでは、成熟社会研究の一環として高齢社会のさまざまな社会課題に対し、「マルチステークホルダー × 社会課題中心」アプローチで「認知症の人にやさしいまちづくり」に関する研究」に取り組んでいます。

2013年度には総務省事業として認知症施策のトップランナーである静岡県富士宮市で古い写真データを活用した「富士宮プロジェクト」を実施。
2014年度は厚生労働省老健事業の一環として第1回の認知症フレンドリージャパン・サミットを開催しました。
2015年度の第2回サミットでは、認知症の当事者や介護者、専門家のみならず、多様な立場の方々が総勢200人集まり、日々抱える課題や取組み事例を発信・共有しました。
第3回となる今年は、さらに多様な所属や背景の参加者にお集まりいただき、各セクターの役割を考え、当事者と一緒に新しい社会のデザインを考えていきたいと考えています。

まちづくり・生活・交通・金融・流通・ICTなどの高齢者の生活に関わる多様な分野の企業や団体、個人が課題を共有し、仲間を募り、新たな一歩を踏み出す機会に、ぜひご参加ください。
最新情報は下記公式サイトをご覧ください。
https://peraichi.com/landing_pages/view/dfjs2016

日時

9月3日(土)10:00-17:40
9月4日(日)10:00-17:30

会場

明治大学中野キャンパス3階
http://www.meiji.ac.jp/nakano/access/index.html

主催

認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ
http://www.dementia-friendly-japan.jp/
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
http://www.glocom.ac.jp/project/dementia/

プログラム

9月3日(土) ≪1日目≫
9:30-      受付開始
10:00-12:00  全体シンポジウム
12:00-13:00  昼休み
13:00-17:40  パラレルセッション
       (フロア内で、3会場に分かれます)

9月4日(日) ≪2日目≫
9:30-      受付開始
10:00-12:00  パラレルセッション
       (フロア内で、3会場に分かれます)
12:00-13:00  昼休み
13:00-16:20  パラレルセッション
       (フロア内で、3会場に分かれます)
16:30-17:30  2日間の全体シェア

全体シンポジウム
「認知症フレンドリー社会へ 〜当事者、公共セクター、民間企業;既存の役割を超えて踏み出す一歩〜 」

パラレルセッション
認知症フレンドリー社会を構成する各テーマについて、3会場に分かれて、分科会形式でワークショップを開催します。
  • 認知症の人にやさしい図書館
  • 認知症の人にやさしい交通
  • 認知症にやさしいまちづくりの今、これから
  • RUN伴の未来を考える
  • しごとのシェアを考える
  • 認知症アクションガイドブック
  • 美・Myself
  • 傾聴ライター
  • 現在、旬なトピックのセッション開催を調整・打診中です。
    確定したものから、追記していきます。

    定員

    200名(各日)

    参加費

    3,000円(両日参加)
    2,000円(各日参加)
    参加費は当日受付にてお支払いください。
    *セッションオーナーおよびセッションにゲストとして参加される方は、参加費不要です。

    申込み方法

    こちらのお申込みフォームより必要事項を記入の上お申し込みお願いします。

    お問い合わせ

  • 認知症フレンドリー・イニシアチブ事務局  info [at] dementia-friendly-japan.jp
  • 国際大学GLOCOM事務局
     庄司昌彦(国際大学GLOCOM主任研究員/准教授) shoji [at] glocom.ac.jp
     小島安紀子(シニア・コーディネータ) akiko [at] glocom.ac.jp