国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 米国大統領選挙にみる「ITと選挙」のイノベーション【Innovation Nippon2016 セミナー】

logo_innovation_nipponbig
Innovation Nipponプロジェクトは、国際大学GLOCOM が、グーグル株式会社と共同で2013年に立ち上げたプロジェクトです。情報通信技術(ICT)を通じて日本におけるイノベーションを促進することを目的とし、法制度や、産業振興・規制緩和等の政策のあり方、ビジネス慣行などに関する調査研究活動を行い、関係機関の政策企画・判断に役立ていただくための提言などを行っています。
2016年は、日本の参議院選挙や、アメリカ大統領選挙など、選挙に注目が集まっております。
今年度のInnovation Nipponプロジェクトでは、「ITと選挙のイノベーション」をテーマの1つに取り上げ、ソーシャルメディア利用・小口献金・ビッグデータ分析などの、米国大統領選挙キャンペーンの最新状況を論じるとともに、選挙に関する日本の課題を明らかにし、政策提言につなげることを目指しています。
本セミナーでは、最新の研究調査で得られた問題提起をもとに、有識者を交えた議論を行いたいと思います。
imagescalvlj1w

主催

Innovation Nippon

日時

2016年10月24日(月) 16:00~17:30

会場

衆議院第2議員会館1階多目的会議室

概要

米国大統領選挙をはじめとする大規模な選挙では、携帯電話、ソーシャルメディア、動画生中継、ビッグデータ分析、小口献金、アプリ等、テクノロジーの新たな利用が開拓される傾向がある。
投票日が近づいている米国大統領選挙のキャンペーンに関するIT利用動向等を紹介するとともに、日本における「ITと選挙」のイノベーションに向けたディスカッションを行う。

プログラム

16:00-16:05 主催者挨拶
16:05-16:25 清原聖子「2016年アメリカ大統領選とソーシャルメディア」
16:25-16:45 八田真行「オルタナ右翼等米国ネット言論について」
16:45-17:05 庄司昌彦「日本における課題とデータの紹介」
17:05-17:30 ディスカッション・質疑応答

登壇者略歴

清原聖子(明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授)
%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3_%e6%b8%85%e5%8e%9f%e6%a7%98 慶應義塾大学法学部、同大学大学院博士課程単位取得退学、博士(法学)(2007年)。東京大学大学院情報学環助手などを経て、明治大学准教授(現職)。ジョージタウン大学にて、2005年にはフルブライト博士論文研究フェローとして、また2014年9月から2年間は、APSA(American Political Science Association)客員研究員および安倍フェローとして、在外研究。総務省情報通信審議会専門委員などを務める。第24回電気通信普及財団テレコム社会科学奨励賞(2009年)。著書に「現代アメリカのテレコミュニケーション政策過程」(2008年、慶應義塾大学出版会)、共著書に「インターネットが変える選挙―米韓比較と日本の展望」(2011年、慶應義塾大学出版会)、「ネット選挙が変える政治と社会―日米韓に見る新たな「公共圏」の姿」(2013年、慶応義塾大学出版会)など。

八田真行(駿河台大学 経済経営学部 専任講師)
%e5%85%ab%e7%94%b0%e6%a7%98%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e8%aa%bf%e6%95%b4%e7%94%bb%e5%83%8fcimg06051979年東京都生まれ。東京学芸大学附属高校在学中よりフリーソフトウェア/オープンソース関連の活動を開始。東京大学経済学部を経て、同大学院経済学研究科博士後期課程を満期単位取得退学。大学院では法と経済学、組織論を専攻。財団法人知的財産研究所特別研究員を経て、現職。その他、スラッシュドットジャパン編集者、japan.linux.com主筆などを務める。2014年10月17日、日本記者クラブで講演し、内部告発サイト「ウィキリークス」の日本版を12月に開設する計画を明らかにした。共著に『日本人が知らないウィキリークス』 洋泉社 。

庄司昌彦(国際大学GLOCOM 主任研究員/准教授)
tera一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン(OKFJ)代表理事。中央大学大学院総合政策研究科博士前期課程修了 修士(総合政策)。総務省「政府機関等が保有するパーソナルデータ等に関する研究会」構成員、「行政イノベーション研究会」構成員、経済産業省「オープンデータ・ビジネス・コンペティション」審査委員長等を務め公共データ活用に向けた政策提言等を活発に行うほか、OKFJの活動を通じ、国内オープンデータコミュニティの育成や海外との橋渡しも行っている。『行政&情報システム』誌で「行政情報化新時代」を連載中。

ご参加について

募集定員に達しましたので、締め切りました。
こちらのセミナーのダイジェストレポート・資料は、こちらのサイトおよびInnovation Nipponのサイトに、掲載予定です。

参加費

無料

お問い合わせ

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
 〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
  Innvation Nippon事務局:小島・戸田 Tel: 03-5411-6675
 Mail: info_erp[at]glocom.ac.jp ← [at] を小文字の @ に置き換えて送信してください。