国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 「地域ICTサミット2016」シンポジウム開催のお知らせ

GLOCOMは、わが国が抱える様々な地域課題(人口減少、少子高齢化、医師不足、災害対応、地域経済の衰退等)に取組み、成果を生んでいる先進的な事例の表彰を行うとともに、「地方創生」や地方の活性化におけるICTの役割を考える「地域ICTサミット2016」シンポジウムを総務省、日本経済新聞社、慶應義塾大学SFC研究所とともに主催します。また、GLOCOMとグーグル株式会社が共同発起人として進めているInnovation Nipponプロジェクトも、このシンポジウムを後援します。

このシンポジウムでは、総務省「ICT地域活性化大賞」の今年度の受賞者の表彰式も行われます。総務省では、平成26年度からICTを活用して地方創生に資する活動をしている事例を表彰する「地域情報化大賞」を推進してきましたが、ICTの利活用が地域課題の解決や地域活性化に資する重要性に着目し、今年度からは「ICT地域活性化大賞」と名前を変えて表彰を行うものです。

Innovation Nipponでは昨年度の受賞者をイノベーターとしてご紹介する動画を作成しました。シンポジウム当日は、会場でも上映される予定です。

今年度の地域情報化大賞の受賞者については、以下のページをご覧ください。
総務省ウェブサイト│地方創生に資する「地域情報化大賞」受賞者

日時

3月7日(火)12時30分-16時00分

場所

東京ビッグサイト レセプションホールB

主催

総務省、慶應義塾大学SFC研究所、国際大学GLOCOM、日本経済新聞社

後援

一般財団法人全国地域情報化推進協会、Innovation Nnippon

プログラム

  • 主催者挨拶
     高市早苗(総務大臣)(予定)
  • 「ICT地域活性化大賞2016」表彰式
     大賞/総務大臣賞、優秀賞、奨励賞
  • 基調講演「非連続に変化する産業構造-今、地方が面白い-」
     谷川史郎(株式会社野村総合研究所理事長)
  • パネルディスカッション「地域へのICT/IoTの実装に向けて」
     パネリスト:國領二郎(慶應義塾常任理事、慶應義塾大学総合政策学部教授、GLOCOM上席客員研究員)
     受賞団体代表者

  • お申込みについて

    ご参加は無料ですが、こちらの申込みフォームよりご登録をお願いします。定員は300名です。

    お問い合わせ先

     国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
     〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
     担当:庄司
    Tel: 03-5411-6735 Mail:shoji[at]glocom.ac.jp

    , , , ,