国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 GLOCOM六本木会議 第2回定例会【招待制】

GRK_logo_tate_4c

国際大学GLOCOMでは、情報通信分野において、次々と登場する革新的な技術や概念に適切に対処し、日本がスピード感を失わずに新しい社会に移行していくための議論の場として「GLOCOM六本木会議」を2017年9月に設立しました。本イベントは第2回定例会として勉強会プログラムとともに、今後の活動に向けた意見収集・議論の場として開催するものです。
本会議での議論を通じて、皆様とともに新しい社会を展望し、政策提言へとつなげていくことを期待しております。ご参加を心よりお待ちしております。


日時

2018年1月16日(火)18:30~20:30

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

ディスカッション・テーマ

『5G / IoT時代におけるネット中立性の展望』


講演1:米5G/IoTの最新状況とネット中立性のゆくえ
◎小池 良次
(Aerial Innovation LLC CEO/国際大学GLOCOM 上席客員研究員)

ベライゾン・グループが18年第2四半期から「Pre 5G」サービスの開始を予定するなど、米国では5G整備への機運が高まっている。AT&Tは通信サービスのソフトウェア化を進め、ネットワークの仮想化率を高める一方、エッジ・コンピューティングやAIを見据えた戦略を転換している。また、ネットハイパージャイアントはスペクトラムシェアリングによる5G参入とマイクロサービシーズを多用するエッジ・クラウドを検討している。こうした潮流は、センタライズ・クラウドとワイヤレス・モバイルを基調とした従来のネットワーク構造とサービスを大きく変えることになる。そうした時代を前にネットワーク中立性も変化が求められることになるだろう。今回は次世代ネットワークの変容とその制度設計について考えてゆきたい。

略歴: 京都外国語大学卒業後、ブラジルのサンパウロ新聞社に入社、社会面・経済面を担当する。 その後、帰国し民間調査会社に就職、リサーチャーとして技術動向調査、技術出版、科学技術 セミナーなど300 プロジェクト以上を企画運営する。1988 年、ニューヨーク事務所代表とし て渡米。1993 年末、ニューヨーク市にて情報通信分野を専門とするフリーランスのリサーチャー/ジャ ーナリストとして活動を開始。1997 年、米国の情報通信分野を専門とするコンサルティング会社Contents DotCom 社(ニュ ージャージー州)を設立、代表に就任。1999 年、カリフォルニア州サンフランシスコ郊外に移 転。2016 年、商業無人飛行システム分野を専門とするコンサルティング会社Aerial Innovation LLC を設立、CEO に就任、現在に至る。



講演2:ネット中立性規制ver.4へ
◎実積 寿也
(中央大学 総合政策学部 教授/国際大学GLOCOM上席客員研究員)

12月14日のFCC決定は、米国のネット中立性規制の三度目の転換をはかるものであり、これにより米国のブロードバンド業界は、2010年12月のオープンインターネット命令採択以来、7年ぶりに市場原理により自律的に統治されるシステムに復帰した。本講演では、中立性規制の過去3度の転換を振り返るとともに、あらたな中立性規制の枠組み(「ネット中立性規制ver.4」)がブロードバンドエコシステム、特にネットワーク事業者の戦略にいかなる影響を及ぼすのかについて言及する。

略歴: 東京大学法学部卒業、ニューヨーク大学経営大学院修了、早稲田大学大学院国際情報通信研究科博士課程修了。MBA(finance)、博士(国際情報通信学)。郵政省(現 総務省)等を経て、2017年より現職。 著書に『IT投資効果メカニズムの経済分析:IT活用戦略とIT化支援政策』(九州大学出版会、2005年)、『通信産業の経済学 2.0』(九州大学出版会、2013年)、『ネットワーク中立性の経済学:通信品質をめぐる分析』(勁草書房、2013年)などがある。



プログラム概要

  1. 開催挨拶:国際大学GLOCOM 所長 前川 徹(10分)
  2. 講演1:『米5G/IoTの最新状況とネット中立性のゆくえ』小池 良次氏(30分)
  3. 講演2:『ネット中立性規制ver.4へ』実積 寿也 教授(30分)
  4. ディスカッション(30分)
  5. 懇親(終了後30分程度を予定)


参加費

無料

対象者(※招待制)

  • 総務省地域情報化アドバイザー
  • GLOCOM専任・併任研究員、客員研究員、フェロー
  • GLOCOM ERP会員企業担当者
  • 総務省、経産省、内閣官房IT総合戦略室の政策担当者
  • 第1回~3回準備会合・第1回定例会参加者およびその紹介者
  • 定員

    70名

    主催

    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

    協力

    総務省、経済産業省



    GLOCOM六本木会議の活動趣意はこちら↓をご覧ください。 http://www.glocom.ac.jp/roppongi_kaigi

    参加申込み方法

    【参加コード】をお手元にご準備のうえ、参加登録フォームにアクセスし、必要事項を入力のうえ送信ください。

    button_form_GRK
    *参加登録には、【参加コード】が必要となります。ご招待者は別途メール等でご案内済みの参加コードをお手元にご用意ください。
    *ご招待者以外で、ご参加希望の場合は、事務局までメールでお問い合わせください。
    *アクセス元の環境によっては、上記申し込み画面が表示されない場合がございます。その場合はお手数ですが、電子メールにてお問い合わせください。

    お問い合わせ

    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
     〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
     担当:小林 Tel: 03-5411-6685
     Mail: app[at]glocom.ac.jp ← [at] を小文字の @ に置き換えて送信してください。