国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

「AI/IoTによる新しい社会の実現~都市機構におけるポリモルフィック ネットワーキングの萌芽~」(第3回国際社会経済研究所(IISE) IoTシンポジウム)

日時

2018年2月14日(水) 13:30~16:50(開場13:00)

会場

内幸町ホール(東京都千代田区内幸町1-5-1、JR新橋駅より徒歩5分)

主催

株式会社国際社会経済研究所

協力

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

参加費

無料

定員

180名(先着順)

開催趣旨

IoT(インターネット・オブ・シングス)やAI(人工知能)が注目を集めております。国際社会経済研究所では、このような新しい 技術が社会的課題を解決する社会イノベーションの切り札となるとの認識のもと、東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授や有識者の方々を迎えて「IoT研究会」を2015年から立ち上げて活動しており、このたび昨年に続き第3回シンポジウムを開催することとなりました。

今回の中心テーマは昨年に引き続き「ポリモルフィックネットワーキング」です。これは「多彩な知能化技術によって自律化した システム同士が多形的につながりあって全体として協調する」という我々が提案したIoT社会における新コンセプトです。プラットフォーム自体が知能化することにより、自律的で環境に適応し、他の製品やサービスとも協調する、自己組織化されたシステムが生まれようとしています。今年は「AI/IoTによる新しい社会の実現~都市機構におけるポリモルフィックネットワーキングの萌芽~」と題して、このコンセプトをAI/IoT時代の発展に適応して展開します。状況に応じて柔軟で多形的な情報インフラを提供 するポリモルフィックネットワーキングは、社会とそこに住まう人々に対して新しい価値を提供し、隅々まで神経の通った社会の実現を展望します。

プログラム

13:30
開会挨拶
 民長憲生((株)国際社会経済研究所 代表取締役社長)
13:40-14:10
講演「IoTによるモビリティ・ロジスティクス全体最適」
 西成活裕(東京大学先端科学技術研究センター教授)
14:10-14:40
講演「人工知能が育む共創ネットワーク社会」
 中西崇文(国際大学GLOCOM 主任研究員/准教授)
14:40-15:00
講演「AI活用による都市交通(米国コロンバスの事例から)」
 飾森 正((株)国際社会経済研究所 主幹研究員)
15:00-15:40
講演「都市機構のポリモルフィック化」
 松永統行((株)国際社会経済研究所 主任研究員)

15:40-15:50 休憩(10分間)

15:50-16:50
パネルディスカッション
テーマ「ポリモルフィックネットワーキングの実現への道」

 【司会進行】原田 泉((株)国際社会経済研究所 主幹研究員、GLOCOM客員研究員)
 西成活裕(東京大学先端科学技術研究センター 教授)
 中西崇文(国際大学GLOCOM 准教授 主任研究員)
 飾森 正 ((株)国際社会経済研究所 主幹研究員)
 松永統行 ((株)国際社会経済研究所 主任研究員)

16:50 閉会

参加申込み

こちらのお申込みフォーム(こくちーず(告知’S))よりご登録ください。

お問い合わせ

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
 〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
 担当:小島
Tel: 03-5411-6677 Mail:info_pf[at]glocom.ac.jp