国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

地方豪族×大企業の連携可能性 ~オープンデータ活用による新戦略を考える【研究ワークショップ】

日時

2018年2月22日(木) 16:00~18:00

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

対象者

  • GLOCOM View of the World研究ワークショップ2017参加企業(2名様まで)
  • 国際大学GLOCOM のエグゼクティブ・リサーチ・プログラム(ERP)に参加されている企業に所属されている皆様
  • GLOCOM 客員研究員、同フェローの皆様
  • 概要

     地域経済の活性化が、日本全体の重要な政策課題として叫ばれるいま、「地方豪族」というコトバが注目を集めています。地方豪族とは、「特定地域に立脚し、消費者の生活に密着した事業を行い多角化する一方、状況によって素早く事業内容を転換することもある企業」として定義されます。こうした地域密着型の中小企業は、雇用と地域経済を守るために事業内容を増やし、多角化を進めてきました。昨今では、介護福祉や中古車販売、飲食、観光業等、様々な分野に進出し、企業の合併・買収等も進行した結果、一部の企業がコングロマリット化しています。
     地方豪族は事業拡大の機動力に加えて、地方の行政との距離が近く、公的な補助金の活用にも慣れていることが多いのが特徴で、先端的なオープンデータ活用に乗り出す事例も出てきています。本セッションでは、こうした地方豪族企業と大企業の新たな連携可能性について、オープンデータを結節点としたアプローチから戦略を検討していきます。

    当日の流れ

  • イントロダクション(10分)
  • 発表(30分×2)
  • 質疑応答・ディスカッション(50分)

  • 登壇者略歴

    庄司昌彦
    国際大学GLOCOM主任研究員・准教授
    2002年、中央大学大学院総合政策研究科博士前期課程修了。地域情報化や電子行政等の調査研究に従事しながら、一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン(OKJP)代表理事としてオープンデータの活用に向けた提言など実践活動も行っている。内閣官房オープンデータ伝道師、総務省地域情報化アドバイザー。



    前田 亮斗
    デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社
    プラットフォーム事業部 副事業部長/地域イノベーションリーダー

    佐賀県佐賀市出身。公益法人の立ち上げを経て、2014年デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社に参画。ベンチャー支援を軸とし、延べ30地域の産業政策立案・実行支援の統括、全国23拠点の経営企画支援を担当。地域エコシステム形成等の地方創生関連事業、ベンチャー企業と官公庁・自治体の協業を生み出すピッチイベント「Public Pitch」の責任者を務め、地域リソースを活用した新規事業創出支援等を行っている。 『地方創生 実現ハンドブック』(日経BP社)執筆。 Forbes JAPAN 「LOCAL INNOVATOR AWARD2017」アドバイザリーボード選出。 県知事委嘱和歌山県スタートアップ創出支援チームメンター。


    進行:小林奈穂(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 主任研究員)



    参加申込み方法

    本研究ワークショップは、企業の皆様とともに新しいネットワーク社会における先進・先端情報から未来を展望し、広い視野から高感度経営を目指すための年間プログラムです。

    研究ワークショップ2017参加企業の皆様、ERP参加企業に所属されている皆様、GLOCOM 客員研究員、同フェローの皆様
    フォームよりご参加登録いただけます。
    メールでご案内いたしました【参加コード】をご用意の上、こちらのお申込みフォームよりご登録ください。
    btn_WS_form




    *アクセス元の環境によっては、上記申し込み画面が表示されない場合がございます。その場合はお手数ですが、電子メールにてお問い合わせください。
    *定員(40名)に達しましたら、お申込み受付を終了いたします。お早めのお申し込みをお待ちしております。

    研究ワークショッププログラムへの参加についてご要望の際は、以下のお問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。詳しいプログラムご案内を差し上げます。

    お問い合わせ

    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
     〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
     担当:小林・武田 Tel: 03-5411-6676
     Mail: info_pf[at]glocom.ac.jp ← [at] を小文字の @ に置き換えて送信してください。