国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 デジタル広告の未来~エコシステムの課題と要請【研究ワークショップ】

日時

2018年6月22日(金) 16:00~18:00

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

対象者

  • GLOCOM View of the World研究ワークショップ2018参加企業(2名様まで)
  • 国際大学GLOCOM のエグゼクティブ・リサーチ・プログラム(ERP)に参加されている企業に所属されている皆様
  • GLOCOM 客員研究員、同フェローの皆様
  • 概要

     日本のインターネット広告費は、1兆5,094億円(前年比115.2%)と4年連続で二桁成長をみせ、近年の日本の広告費全体をプラスへと牽引し続ける存在となっています(「2017年 日本の広告費」電通, 2018年2月22日)。

     多様化・複雑化が進むユーザーへの対処にあたり、デジタル広告はその費用対効果の「可視化性」や「保証型」が広告主にとって魅力となっていることが伺えます。

     一方で、表示回数やクリック数ばかりを追い求める数値至上主義に陥った負の結果として、実在するユーザーではなく、偽クリックを発生させるボットの登場など、広告不正の問題への対処が、近年急務となっています。

     本セッションでは、検索や情報提供、ゲーム等、さまざまなデジタルサービスの無償利用を支えるデジタル広告のエコシステムの課題をとらえ、広告主・広告事業者・ユーザーの観点から議論し、在るべき姿を明らかにしていきます。

    当日の流れ

  • イントロダクション(10分)
  • 発表(60分)
  • 質疑応答・ディスカッション(50分)

  • 登壇者略歴

    川崎 裕一

    スマートニュース株式会社 執行役員 広告事業担当




    1976年12月20日生まれ。1999年、慶応義塾大学経済学部卒業、日本シスコシステムズ株式会社入社(現シスコシステムズ合同会社)、ネットイヤーグループ株式会社を経て、2004年8月、株式会社はてな入社。同年12月同社取締役副社長に就任。2010年2月、株式会社kamadoを設立し、代表取締役に就任。2012年12月、株式会社ミクシィが株式会社kamadoを買収。これに伴い2013年1月より株式会社ミクシィに入社。2013年1月24日同社執行役員クロスファンクション室室長。2013年6月25同社取締役。2014年8月11日スマートニュース株式会社執行役員広告事業開発担当並びにマーケティング責任者。

    9歳息子を子育て中。恵比寿在住25年。 Fringe81株式会社取締役(社外)。



    進行:小林奈穂(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 主任研究員)



    参加申込み方法

    本研究ワークショップは、企業の皆様とともに新しいネットワーク社会における先進・先端情報から未来を展望し、広い視野から高感度経営を目指すための年間プログラムです。

    研究ワークショップ2018参加企業の皆様、ERP参加企業に所属されている皆様、GLOCOM 客員研究員、同フェローの皆様
    フォームよりご参加登録いただけます。
    メールでご案内いたしました【参加コード】をご用意の上、こちらのお申込みフォームよりご登録ください。
    btn_WS_form




    *アクセス元の環境によっては、上記申し込み画面が表示されない場合がございます。その場合はお手数ですが、電子メールにてお問い合わせください。
    *定員(40名)に達しましたら、お申込み受付を終了いたします。お早めのお申し込みをお待ちしております。

    研究ワークショッププログラムへの参加についてご要望の際は、以下のお問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。詳しいプログラムご案内を差し上げます。

    お問い合わせ

    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
     〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
     担当:小林・武田 Tel: 03-5411-6676
     Mail: info_pf[at]glocom.ac.jp ← [at] を小文字の @ に置き換えて送信してください。