国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 中国におけるプラットフォーム・イノベーション【公開コロキウム】

日時

2018年6月20日(水) 15:00~17:00

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

講師

趙 偉琳(株式会社富士通総研経済研究所 上級研究員)

定員

70名(先着順)

参加費

無料

概要

近年、中国発のオンライン・プラットフォームが著しい成長を見せている。バイドゥ、アリババ、テンセントなどの企業は、単にユーザーの数だけでなく、ビジネスモデルや技術の新規性という点でも注目すべきサービスを展開しつつある。また、シェアリング・エコノミーの文脈でも、多彩なサービスが展開されている。これらのプラットフォーム・サービスはどのような人材、教育、知識、政策を背景に生まれてきたのだろうか。また、これらのサービスは、人々の働き方やキャリアデザイン、ビジネスモデルなど、現代社会にどのような影響を与えるのだろうか。本公開コロキウムでは、中国におけるFintech、AI、プラットフォームなどのサービスの動向に精通する富士通総研上級研究員の趙偉琳氏を講師に迎え、中国発のオンライン・プラットフォームの特徴とその影響、展開を考察する。

講師略歴

趙 瑋琳(チョウ・イーリン)
株式会社富士通総研経済研究所 上級研究員
中国遼寧省出身、2002年に来日。08年、東工大院社会理工学研究科修了、イノベーションの制度論、技術経済学にて博士号取得。早大商学学術院総合研究所を経て12年より現職。現在は中国経済、産業集積とイノベーション政策、デジタルイノベーション、ソーシャルイノベーションなどを研究。論文・執筆・講演多数。日刊工業新聞電子版「中国イノベーション事情」にて連載執筆(17年)。SankeiBiz「高論卓説」に定期的に寄稿。

ご参加について

こちらのお申込みフォームからお申込みください(Peatixに移動)。
→定員に達したため申込みを締切りました(6/4 17:30)

*本コロキウムは、無料でご参加いただけます。
*定員に達しましたら、お申込み受付を終了いたします。お早めのお申し込みをお待ちしております。
*アクセス元の環境によっては、上記URLの申込みフォームが表示されない場合がございます。その場合はお手数ですが、下記お問い合わせ先メールアドレスまでご連絡ください。

公開コロキウムは、産業・学術・行政・市民の各分野の参加者を幅広く集め、旬の話題、緊急性の高いテーマについて新しい知見の獲得や政策提言につながるような議論を深めるイベントで、どなたでもご参加いただけます。

お問い合わせ

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
 〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
 担当:小島 Tel: 03-5411-6677
 Mail: info_pf[at]glocom.ac.jp ← [at] を小文字の @ に置き換えて送信してください。