国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

日米における都市とデジタルトランスフォーメーション ~民・公における実践例~【GLOCOM View of the World シンポジウム】

国際大学GLOCOMでは、ハーバード大学ロースクール教授のSusan Crawford氏を招いて、日米におけるデジタルトランスフォーメーションについてのシンポジウムを開催します。

Crawford氏は、ブルームバーグNY市長のテクノロジー&イノベーションに関するアドバイザーを務め、Prospect MagazineのTop Ten Brains of the Digital Future(2011)およびTIME MagazineのTech 40: The Most Influential Minds in Tech(2013)の一人に選ばれました。共著『The Responsive City: Engaging Communities Through Data-Smart Governance』では、都市や自治体がどのようにデータやテクノロジーを使ってガバナンスに活用していくかを説いています。2019年1月には新著『Fiber』の出版を控えており、アメリカにおける通信政策と、今後データ交換量が飛躍的に増える社会における医療システム、教育、行政サービス、農業、小売業、働き方-の各分野で起こりうるtransformation(変容)について論じています。

本シンポジウムでは、Crawford氏に加え、日本から株式会社スペースマーケット代表取締役の重松大輔氏と、神戸市チーフ・イノベーション・オフィサーの関治之氏を招き、情報社会の次のフェーズがもたらすインパクトと、社会変革を担う日本の事例について議論します。

日時

2018年12月13日(木)10:00~12:30

会場

コングレスクエア日本橋(2F ホールA・B)

主催

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

定員

120名

参加費

無料

プログラム(予定)

開会の挨拶:庄司昌彦(国際大学GLOCOM 主幹研究員/准教授)

第1部
10:05-10:45
講演1「アメリカにおける都市のデジタルトランスフォーメーション」
Susan Crawford(ハーバード大学ロースクール教授)
10:45-11:05
講演2「都市のデジタル化を担うシェアリングエコノミーとスタートアップ企業」
重松大輔(株式会社スペースマーケット代表取締役/一般社団法人シェアリングエコノミー協会代表理事)
11:05-11:25
講演3「シビックテックマインドと都市のデジタル化」
関治之(神戸市チーフ・イノベーション・オフィサー/一般社団法人コード・フォー・ジャパン代表理事)

11:25~11:40 休憩

第2部
11:40~12:30
パネルディスカッション「都市のデジタルトランスフォーメーションにおける課題と展望」
 Susan Crawford
 重松大輔
 関治之
 モデレータ:庄司 昌彦

閉会の挨拶:庄司昌彦

進行:櫻井美穂子(国際大学GLOCOM 主任研究員/准教授)

登壇者略歴(登壇順)

s_Crawford-Susan43.jpg

Susan Crawford
ハーバード大学ロースクール教授





shigematsu43.jpg

重松大輔
株式会社スペースマーケット代表取締役/一般社団法人シェアリングエコノミー協会代表理事
1976年千葉県生まれ。千葉東高校、早稲田大学法学部卒。 2000年NTT東日本入社。主に法人営業企画、プロモーション等を担当。 2006年、株式会社フォトクリエイトに参画。 一貫して新規事業、広報、採用に従事。国内外企業とのアライアンス実績多数。 2013年7月東証マザーズ上場を経験。2014年1月、株式会社スペースマーケットを創業。お寺、野球場、古民家、オフィスの会議室、お化け屋敷などユニークなレンタルスペースのマーケットプレイスを展開。2016年1月、シェアリングエコノミーの普及と業界の健全な発展を目指す一般社団法人シェアリングエコノミー協会を設立し代表理事に就任。【アワード受賞歴】IVS Launchpad 2014 spring準優勝、B dash campピッチアリーナ2014優勝、Rising Expo 2014優勝、Japan night2015優勝等。【メディア出演】ガイアの夜明け、ワールドビジネスサテライト等多数。


seki43_profile_image

関治之
神戸市チーフ・イノベーション・オフィサー/一般社団法人コード・フォー・ジャパン代表理事
一般社団法人コード・フォー・ジャパン代表理事。「テクノロジーで、地域をより住みやすく」をモットーに、会社の枠を超えて様々なコミュニティで積極的に活動する。住民参加型のテクノロジー活用「シビックテック」を日本で推進している他、オープンソースGISを使ったシステム開発企業、合同会社 Georepublic Japan CEO及び、企業のオープンイノベーションを支援する株式会社HackCampの代表取締役社長も勤める。また、神戸市のチーフ・イノベーション・オフィサー(非常勤)として、神戸市のスタートアップ支援政策やオープンデータ活用を推進している。
その他の役職:総務省 地域情報化アドバイザー、内閣官房 オープンデータ伝道師 等


shoji.png

庄司昌彦
国際大学GLOCOM 主幹研究員/准教授
中央大学大学院総合政策研究科博士前期課程修了。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)准教授・主幹研究員として地域情報化や電子行政等の調査研究に従事しながら、Open Knowledge Japan (OKJP)代表理事として官民データ活用に向けた提言など実践活動も行っている。内閣官房オープンデータ伝道師、総務省地域情報化アドバイザー・情報通信白書アドバイザリーボード。


櫻井美穂子
国際大学GLOCOM 主任研究員/准教授
慶應義塾大学特任助教、日本学術振興会特別研究員(DC2)を経て、2015年より3年間ノルウェーのUniversity of Agderで自治体のレジリエントシティ戦略に関する調査研究に従事。博士(政策・メディア)。専門分野は経営情報システム学。「レジリエント」をキーワードとして、3.11を契機とした災害時の情報システム利活用や、日欧におけるスマートシティの研究を行っている。


申込み

下記URL(Peatix)よりお申込みください。
https://peatix.com/event/570661/

問い合わせ先

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
 〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
 GLOCOM View of The World シンポジウム事務局:小島・武田
 TEL:03-5411-6677
 Mail: mailto:info_pf[at]glocom.ac.jp ←[at]を小文字の @ に置き換えて送信してください。