国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 『自己紹介2.0』著者に聞く~ 共創・越境にむけた相手との信頼構築のあり方とは【研究ワークショップ】

GLOCOM研究ワークショップは、四半期ごとに設定されたシーズンテーマに対して、多角的な視点から理解を議論を深めるプログラムです。

2019Springシリーズは、GLOCOMの機関誌 智場#122特集号『創造性 – デジタル時代を生き抜くための個人と組織のクリエイティビティ』の発行を記念して、分散型の組織と社会における新たなイノベーションプロセスを問い直すための3回シリーズをお届けしています。

第2回は、オープンイノベーションに向けた「越境コラボレーション」を実現させるために、相手との信頼関係を築く第1歩としての「自己紹介」の新しいお作法に着目します。そのためには、まず私たち自身が、自分はどのような人間で、どのようなビジョンを描いているのかを知らなければなりません。そこで、今回は新刊『自己紹介2.0』の著者であり、TOKYO WORK DESIGN WEEKのオーガナイザーを務めておられる横石崇さんをお招きし、お話を伺います。


日時

2019年5月22日(水) 16:00~18:00

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

対象者

  • GLOCOM View of the World研究ワークショップ2019参加企業(2名様まで)
  • 国際大学GLOCOM のエグゼクティブ・リサーチ・プログラム(ERP)に参加されている企業に所属されている皆様
  • GLOCOM 客員研究員、同フェローの皆様
  • 概要

    読書会『自己紹介2.0』共創・越境にむけた相手との信頼構築のあり方

    2019 Springシリーズ第2回:

    コワーキングスペースの急速な拡大、そこで繰り広げられるさまざまなスタイルの交流会や勉強会など、人々が集い、越境型のコラボレーションを目指す動きが加速しています。こうしたオープンイノベーションの実現を目指す一連の環境変化に応じながら、より幸せに楽しく働くためも、いま、私たちには自らの存在意義=パーパスを起点に外の組織や他者とつながり、共通のビジョンを描いていくスキルが求められているといえるでしょう。

    そこで、本セッションでは、1つの会社や組織の中に縛られず、様々な領域の人たちと繋がり、ビジョンを重ね合い、新しい価値を生み出すために大切な「相手との信頼構築」にむけた「自己紹介のアップデート法」について刊行予定の書籍『自己紹介2.0』の著者からお話をいただきます。後半は、参加者の皆様ご自身のパーパスの再認識から自己紹介をアップデートするための簡単なワークも行います。


    ※読書会は、書籍の内容について著者から直接ご説明をいただくことを趣意としており、ご参加者に書籍購入や事前の読書を求めるものではありません。

    当日の流れ

  • イントロダクション(10分)
  • 発表(60分)
  • 質疑応答・ディスカッション(50分)

  • 登壇者略歴

    横石 崇

    &Co.,Ltd.代表取締役

    Tokyo Work Design Weekオーガナイザー





    1978年大阪生まれ。多摩美術大学卒。3万人が参加した国内最大規模の働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」代表。広告代理店、人材コンサルティング会社を経て、2016年に独立。「WIRED日本版」コントリビューター、「六本木未来大学」講師を務めるなど年間100以上の講演やワークショップを実施。著書に「これからの僕らの働き方 〜次世代のスタンダードを創る10人に聞く〜」(早川書房)。鎌倉にオープンしたコレクティブオフィス「北条SANCI」の支配人。日本経済新聞comemoキー・オピニオン・リーダー50選出。



    進行:小林奈穂(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 主任研究員)



    2019 Spring:デジタル時代の組織マネジメントを考える
    分散型の組織と社会における新たなイノベーションプロセス-創造性-を問い直す

    2019年4月、働き方改革基本法が施行され、日本社会はこれまで以上に自律的・創造的な働き方によって、産業競争力の維持・拡大を目指す方向へと進みつつあります。国際大学GLOCOMでは、機関誌 智場#122特集号において、デジタル社会において創造性を最大化しイノベーションを促すための個人と組織の関係性について取り上げています。

    そこで、2019年春のシーズンは、智場 #122号との連動企画とした読書会形式のワークショップを開催します。デジタル時代において変わりゆく組織マネジメントの姿を最新書籍の著者をお迎えして捉え、それらをインスピレーションとして、自らが実践する際の課題の共有と、その解決に向けて必要な変化について議論を深めていきます。

    参加申込み方法

    本研究ワークショップは、企業の皆様とともに新しいネットワーク社会における先進・先端情報から未来を展望し、広い視野から高感度経営を目指すための年間プログラムです。

    研究ワークショップ2019参加企業の皆様、ERP参加企業に所属されている皆様、GLOCOM 客員研究員、同フェローの皆様
    フォームよりご参加登録いただけます。
    メールでご案内いたしました【参加コード】をご用意の上、こちらのお申込みフォームよりご登録ください。
    btn_WS_form




    *アクセス元の環境によっては、上記申し込み画面が表示されない場合がございます。その場合はお手数ですが、電子メールにてお問い合わせください。
    *定員(40名)に達しましたら、お申込み受付を終了いたします。お早めのお申し込みをお待ちしております。

    研究ワークショッププログラムへの参加についてご要望の際は、以下のお問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。詳しいプログラムご案内を差し上げます。

    お問い合わせ

    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
     〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
     担当:小林・武田 Tel: 03-5411-6676
     Mail: info_pf[at]glocom.ac.jp ← [at] を小文字の @ に置き換えて送信してください。