国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 GLOCOM六本木会議 第8回定例会【招待制】

GRK_logo_tate_4c


国際大学GLOCOMでは、情報通信分野において、次々と登場する革新的な技術や概念に適切に対処し、日本がスピード感を失わずに新しい社会に移行していくための議論の場として「GLOCOM六本木会議」を2017年9月に設立しました。以降、分科会活動および年次総会など活動を推進しています。

分科会活動のひとつである『教育情報化のブレイクスルー』においては、今年1月に、世界的にも遅れが著しい我が国の教育情報化にブレイクスルーをもたらすための5つの提言を公開し、2019年1月23日、柴山昌彦 文部科学大臣の事務所を訪問し、「教育情報化のブレイクスルー2018提言書」(第一弾)を手交しました。

提言の創案着手から約1年、手交からわずか5ヶ月ながら、教育の情報化領域ではスマホ持ち込み解禁の検討や未来の教育への大臣諮問など、大きな動きが相次いでいることから、教育情報化への道筋をさらに着実なものへとすべく、このたび、第2次提言を急ぎまとめることといたしました。第8回定例会では、これまでの動きを総括しつつ、今後の展望に関して忌憚のないコメント・フィードバックを頂きたく、以下の通り、日程を設けさせていただきました。

本会議での議論を通じて、皆様とともに提言内容をつくりあげ、関係省庁をはじめとするステークホルダーへと発信してまいる所存です。ご参加を心よりお待ちしております。

日時

2019年6月17日(月)18:30~20:30

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

プログラム

  1. 開催挨拶:国際大学GLOCOM 主幹研究員 前川 徹(10分)
  2. 『教育情報化のブレイクスルー 提言書の共有』:豊福晋平 主査(50分)
  3. ディスカッション(60分)
  4. 懇親(終了後30分程度を予定)


対象者(※招待制)

  • GLOCOM六本木会議 定例会・分科会参加メンバー
  • 総務省、経済産業省等の情報通信政策の担当者
  • 総務省 地域情報化アドバイザー
  • GLOCOM専任・併任研究員、客員研究員、フェロー
  • GLOCOM ERP会員企業に所属する方々
  • 教育関係者・教育支援産業関係者

定員

70名

参加費

無料

主催

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター


参加申込み方法

【参加コード】をお手元にご準備のうえ、参加登録フォームにアクセスし、必要事項を入力のうえ送信ください。

button_form_GRK
*参加登録には、【参加コード】が必要となります。ご招待者は別途メール等でご案内済みの参加コードをお手元にご用意ください。
*ご招待者以外で、ご参加希望の場合は、事務局までメールでお問い合わせください。
*アクセス元の環境によっては、上記申し込み画面が表示されない場合がございます。その場合はお手数ですが、電子メールにてお問い合わせください。

GLOCOM六本木会議の活動趣意はこちら↓をご覧ください。 http://www.glocom.ac.jp/roppongi_kaigi

お問い合わせ

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
 〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
 担当:小林・小島 Tel: 03-5411-6685
 Mail: app[at]glocom.ac.jp ← [at] を小文字の @ に置き換えて送信してください。