国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

『令和元年版情報通信白書』読書会【公開コロキウム】

日時

2019年8月2日(金)15:00~17:00

講師

富岡秀夫(総務省総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課市場評価企画官)
     ※前総務省情報流通行政局情報通信経済室長

コメンテータ

庄司昌彦(武蔵大学社会学部教授/GLOCOM主幹研究員/『情報通信白書』アドバイザリーボード)

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

定員

70名(先着順)

参加費

無料

主催

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

概要

国際大学GLOCOMは公開コロキウム『令和元年版情報通信白書』(総務省発行)読書会を開催します。編集を担当した総務省情報通信経済室の室長の富岡秀夫氏にポイントを解説いただき、参加者と議論を深めます。

今年の白書の特集テーマは、「進化するデジタル経済とその先にあるSociety5.0」です。「シェアリング・エコノミー」や「ギグ・エコノミー」に見られるように、ICTの発展・普及は、「デジタル経済」と呼ばれる新しい経済・社会の姿をもたらしています。この「デジタル経済」の進化の過程を振り返るとともに、日本に必要となる改革を含む将来展望を取り上げています。

具体的なトピックとして、まず、携帯電話やインターネットの発展・普及とこれによるメディア環境の変化について分析しています。一方で、平成時代には企業のICT利用が進まなかったこと、「電子立国・日本」の栄光に影が差していったことについて、その背景と共に解説しています。そのほか、デジタル経済と豊かさや格差の関係についての国際的な議論の状況、デジタル経済の特質とその原理、従来の情報化やICT利活用とは異なる「デジタル・トランスフォーメーション」の意義などを説明しています。

令和元年版情報通信白書について

情報通信白書は、総務省の下記URLで全文が公開されています。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/index.html

登壇者略歴

富岡秀夫(とみおか・ひでお)
総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部 事業政策課 市場評価企画官
1997年郵政省(当時)入省。総務省において、総合通信基盤局国際経済課係長・課長補佐としてICT分野の規制改革を巡る国際交渉を担当したほか、同局事業政策課課長補佐・統括補佐・企画官として通信市場の競争政策などを担当。この間、早稲田大学政治経済学術院非常勤講師も務める。また、和歌山県庁の情報システム部門の責任者を務めたほか、新設官民ファンド(JICT)の経営企画・総務を担当。2018年8月より情報流通行政局 情報通信政策課 情報通信経済室長。2019年7月より現職。

参加申込み

こちらのPeatixページよりお申込みください。

*アクセス元の環境によっては、上記申し込み画面が表示されない場合がございます。その場合はお手数ですが、電子メールにてお問い合わせください。
*定員に達しましたら、お申込み受付を終了いたします。お早めのお申し込みをお待ちしております。

お問い合わせ

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
担当:小島 Tel: 03-5411-6675 Mail:info_pf[at]glocom.ac.jp