国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 農業のIT活用~人口減少社会へのインパクトと未来ビジネス構想


3月3日(火)「農業のIT活用~人口減少社会へのインパクトと未来ビジネス構想」につきまして、この度の新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み、開催延期とさせて頂くことといたしました。
今後の開催予定については改めてご案内致します。よろしくお願い申し上げます。
(2020/2/25)




国際大学GLOCOMは、高齢化と人口減少により働き手が激減している農業を対象としたITの新たな活用の方策と推進をはかるべく、情報産業研究会の委託をうけ、3年間にわたる調査研究を進めてまいりました。 このたび、その最終報告として、日本における農業へのIT活用を促すための提言について皆様に共有するとともに、農業のスマート化を含めた地方創生や、未来のビジネスを構想するためのイベントを開催する運びとなりました。

ぜひ多くの皆様にご参集いただき、農業のIT活用を基点に日本の経済・社会の未来についてご議論させていただければ幸いです。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

日時

2020年3月3日(火) 15:00~17:30(懇親会 17:30~18:30)

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

対象者

  • 情報産業研究会 会員企業の皆様
  • GLOCOM 客員研究員、同フェローの皆様
  • 定員

    70名

    プログラム

    1. ご挨拶 情報産業研究会 事務局長 泉 和夫 (5分)

    2. 調査事業の成果発表 国際大学GLOCOM 主任研究員/講師 山口 真一(25分)
    「IT活用が日本の農業を救う~人口減少をのり超える強い産業へ」

    3. 基調講演① 兵庫県養父市市長 広瀬 栄氏(25分)
    「ITを活用した過疎地域の豊かな生活の実現に向けて~まち・農村のスマート化の意義~」

    4. 基調講演② ベジタリア株式会社 代表取締役 小池聡 氏(25分)
    「世界に向けたスマートフードチェーン変革への展望」

    ~~~小休憩&会場レイアウト変更~~~

    5. パネルディスカッション(60分 ※質疑応答含む)

    「農業のデジタルトランスフォーメーションが拓く未来ビジネス」

    パネリスト:
  • 兵庫県養父市市長 広瀬 栄氏
  • ベジタリア株式会社 代表取締役 小池聡 氏
  • 農林水産省 ご担当者(※調整中)
  • 国際大学GLOCOM 主幹研究員 前川 徹

  • モデレーター:
  • 国際大学GLOCOM 主任研究員 小林 奈穂


  • ※終了後に会場にて懇親会を予定しております。



    登壇者

    広瀬 栄(兵庫県 養父市長)

    1947年兵庫県養父郡八鹿町(現養父市)生まれ。71年鳥取大学農学部卒。民間会社で勤務後、76年に八鹿町役場に入る。商工労政課長、建設課長などを経て、2004年4月に兵庫県養父郡の八鹿町、養父町、大屋町、関宮町の4町が合併して発足した養父市の都市整備部長、在職中よりPPP手法を積極的に取り入れる。05年助役、07年副市長。08年10月に養父市長選に出馬し初当選、現在3期目。14年5月に「農業がなくなるのは、まちの誇りと住む意義がなくなることと同義だ」と考え、「中山間農業改革特区」として国家戦略特区の指定を受けるなど、地方創生に向けてチャレンジを続けている。



    小池 聡(ベジタリア株式会社 代表取締役社長)

    iSi電通アメリカ副社長を経て米国でNetyear Groupを創業。1990年代をシリコンバレーを中心にベンチャーキャピタリストとして活動。ネットイヤーグループ(株)(東証3622)創業者、(株)ネットエイジグループ(現ユナイテッド、東証2497)前代表取締役社長。東京大学EMP修了後の2009年に就農しベジタリア(株)を設立。文部科学省「革新的イノベーション創造プログラム」ビジョナリーリーダー、「卓越大学院大学プロジェクト」委員。経済産業省「グローバル・ネットワーク協議会」委員。NEDO「IoT社会におけるデータ処理・制御技術等に関する調査委員会」委員。東京商工会議所(渋谷)副会長。(公社)ベトナム協会理事。(公財)日本ユースリーダー協会監事。新潟県農業大学校客員教授。



    前川 徹(国際大学GLOCOM 主幹研究員)

    名古屋工業大学 情報工学科卒業。工学士。通商産業省(現 経済産業省)機械情報産業局 情報政策企画室長、JETRO NYセンター 産業用電子機器部長、IPAセキュリティセンター 所長、早稲田大学大学院 国際情報通信研究科 客員教授、富士通総研 経済研究所 主任研究員、国際大学GLOCOM 所長などを歴任。2018年より東京通信大学 情報マネジメント学部 学部長/教授。著書に『ビッグトレンド ITはどこに向かうのか』(共著、アスペクト)、『国民ID』(共著、NTT出版)など。

    山口 真一(国際大学GLOCOM 主任研究員/講師)

    1986年生まれ。博士(経済学)。2018年より現職。専門は計量経済学。研究分野は、ネットメディア論、フリー・ビジネス、プラットフォーム経済、データ利活用戦略等。「あさイチ」「ニュースウォッチ9」(NHK)や「日本経済新聞」をはじめとして、メディアにも多数出演・掲載。主な著作に『炎上とクチコミの経済学』(朝日新聞出版)、『ネット炎上の研究』(勁草書房)、『ソーシャルゲームのビジネスモデル』(勁草書房)などがある。他に、東洋英和女学院大学兼任講師、グリー株式会社アドバイザリーボードを務める。



    参加申込み方法

    フォームよりご参加登録いただけます。
    メールでご案内いたしました【参加コード】をご用意の上、こちらのフォームよりお申込みください。







    *アクセス元の環境によっては、上記申し込み画面が表示されない場合がございます。その場合はお手数ですが、電子メールにてお問い合わせください。
    *定員に達しましたら、お申込み受付を終了いたします。お早めのお申し込みをお待ちしております。

    *招待メールを受信されていない方で、ご参加希望の方がいらっしゃいましたらお手数ですが下記メールアドレスまたはお電話までお問い合わせください。

    お問い合わせ

    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
     〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
     担当:小林・小島 Tel: 03-5411-6676
     Mail: info_pf[at]glocom.ac.jp ← [at] を小文字の @ に置き換えて送信してください。