国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

ウェビナー「避難行動を誘発するための災害時情報伝達」【公開コロキウム】

日時

2020年9月28日(月)17:00~18:00

会場

オンライン会議ツールZoomにて開催

登壇者

大坪祐紀 (国土交通省 水管理・国土保全局 河川計画課 河川情報企画室 企画専門官)
大高利夫 (藤沢市 総務部 IT推進課 情報政策担当)
櫻井美穂子(GLOCOM主任研究員/准教授)

参加費

無料(事前申込制、9/28 12:00〆切)

主催

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

概要

近年、数十年に一度といわれる水害が多発している。自治体が避難勧告や避難指示を通じて注意喚起を精力的に行っても、避難行動の遅れにより被災するケースが相次いで報告されている。情報伝達と、その情報を基にした行動とのギャップをどのように埋めたらよいか、自治体は頭を悩ませている。

国においても、防災情報のプッシュ通知による注意喚起や、避難が必要な市民の身近な人(家族や親せき・隣人など)からの「逃げて」メッセージの伝達を推奨するなど、取組みが進められている。本ウェビナーでは、国土交通省が実施する「逃げなきゃコール」の事例を踏まえながら、①災害時の住民への情報伝達・メッセージの伝え方、②情報から行動へ誘発するためには何が必要か、③事前準備や訓練の在り方について議論を行う。さらに、国が公開する河川情報などの情報を、自治体がどのように利活用できるか検討する。

登壇者(敬称略)

大坪祐紀
国土交通省 水管理・国土保全局 河川計画課 河川情報企画室 企画専門官
2004年 国土交通省 入省。近畿地方や九州地方の現場において河川整備、災害対応等に携わったほか、国土交通省本省で防災情報システムの整備、経済産業省資源エネルギー庁では再生可能エネルギーの導入拡大を担当。2019年4月より現職。「住民自らの行動に結びつく水害・土砂災害ハザード・リスク情報共有プロジェクト」や「水害・土砂災害に関する防災用語改善検討会」等を通じて、メディアと連携した、防災情報の発信、伝達の充実を進める。


大高利夫
藤沢市 総務部 IT推進課 情報政策担当
1981年から情報統計課(現IT推進課)で、住記、税、保健福祉総合システム等の開発、電子申請・電子入札・地域イントラ・GIS等の導入に従事。NISC重要インフラ専門調査会等、内閣官房、総務省、消防庁などの委員を歴任。


櫻井美穂子
国際大学GLOCOM主任研究員/准教授
慶應義塾大学特任助教、日本学術振興会特別研究員(DC2)を経て、2015 年よりノルウェーのUniversity of Agder にてEU Horizon2020 プロジェクトに参画。専門分野は経営情報システム学。特に基礎自治体および地域コミュニティにおけるICT 利活用について、レジリエンスをキーワードとして、情報システム学の観点から研究を行っている。著書に『自治体ICTネットワーキング』(慶應義塾大学出版会、2012年)など。

お申込み(〆切:開催当日9/28 12:00)

STEP1:下記URL(Peatix)よりごお申込みください。
https://peatix.com/event/1630861/view

※お申込時に記入するメールアドレスは、Zoomアカウント登録時と同じメールアドレスをご入力ください。

STEP2:入力いただいたメールアドレスに、イベント参加用のアクセスURLを記載したリマインダーメールが届きます(開催前日と、当日1時間前に配信)

STEP3:開催日当日、お時間になりましたらメール記載の専用URLをクリックし、ウェビナーにお入りください。

※本ライブイベントは、Zoomウェビナー機能を使用して開催いたします。
※ご参加には、あらかじめZoomアカウントのご登録が必要となります。

問い合わせ先

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
担当:小島
Tel: 03-5411-6675 Mail: info_pf[at]glocom.ac.jp