国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 オープンデータ「世界最先端」への国際戦略を探る(2014年Innovation Nipponシンポジウム第3回)

logo_innovation_nipponbig
グーグル×国際大学GLOCOM
Innovation Nipponシンポジウム

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)は、グーグル株式会社と共同で、情報通信技術(ICT)を通じて日本におけるイノベーション促進を目的としたプロジェクト「Innovation Nippon」を2013年から推進してまいりました。
今回は2014年第3回目となるシンポジウムを下記のとおり開催いたします。
奮ってご参加ください。

日時

2014年11月21日(金) 19:00~21:00

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

参加費

無料

定員

60名(先着順)

概要

「集中取り組み期間」に入ったオープンデータ政策は、データ・ポータルの本格ローンチを果たし、オープンデータ実務者会議でも利活用を主題とするワーキング・グループを立ち上げる計画が出るなど、本格化が見えてきている。
本シンポジウムでは、このオープンデータ政策について、関係者間では議論が様々に出ていながら、政策としての課題が十分に見えていない、オープンデータの国際面についてとりあげる。
国際協定でのリーダーシップ、クールジャパンなど輸出産業育成との関連、国際ネットワークづくり、開発援助、国際比較調査でのイニシアチブ、などを多面的にとりあげつつ、英国など諸外国の動向と、日本のとるべき戦略・政策についての議論を進展させる。
こうした議論を通じて、世界最先端のIT国家としてのオープンデータ推進あり方や官民の課題を浮かび上がらせたい。

登壇者

  • 平将明(衆議院議員、内閣府副大臣)
  • 田雑征治(内閣官房情報通信技術総合戦略室 企画調査官)
  • 村上文洋(三菱総合研究所 主席研究員)
  • 大向一輝(国立情報学研究所 准教授、リンクト・オープン・データ・イニシアティブ 副理事長)
  • 庄司昌彦(国際大学GLOCOM主任研究員、オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事)
  • 渡辺智暁(国際大学GLOCOM主幹研究員、オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン副理事長、コモンスフィア常務理事)(モデレーター)

WEB同時中継

http://www.youtube.com/channel/UCaTPpGxP1CYY4EZtHUwV8hg
※19時より視聴可能となります。

資料

下記のPDFをダウンロードしてご覧ください。

お問い合わせ

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
 〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
 担当:小島・戸田 Tel: 03-5411-6676 Mail:info_erp[at]glocom.ac.jp