国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 世界的な企業情報オープン化の動向とその展望【公開コロキウム】

世界最大の法人データベースサイトOpenCorporatesの Chris Taggart 氏を迎え、トークセッションを開催します。このサイトは2010年の開設以来、世界60か国以上、4900万社以上もの企業情報を収集し、一つのURLのもとで誰もがアクセスできるようにするとともに、その活用と可視化、オープンデータ化を展開しています。国境を超えた企業活動の全体像を把握することを容易にし、オープンデータ時代のビジネス基盤となっていくことが期待されているサービスで、欧州最大のオープンデータ活用コンテストで3位を獲得したほか、英国政府が開設したOpen Data Instituteが育成するスタートアップ企業として、また世界銀行や金融安定理事会との協働などでも知られています。

日本政府のIT戦略「世界最先端IT国家創造宣言」はオープンデータについて「2015 年度末には、他の先進国と同水準の公開内容を実現する」と明言していますが、世界各国政府の取組み状況を評価するグローバル・オープンデータ・インデックス2014では世界第19位という評価を受けています。その最大の課題は政府が保有する企業情報(商業・法人登記情報)のオープン化度の低さにあります。

マイナンバー制度と同時に始まる法人番号制度では企業情報のオープン化が検討され始めましたが、そのインパクトはどこにあるのでしょうか。今回の公開コロキウムでは企業情報のオープン化運動で世界をリードしているChris Taggart 氏と企業情報オープン化の今後を展望します。

日時

2014年12月4日(木) 19:00~21:00

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

定員

60名(先着順)

参加費

無料

主催

 

国際大学GLOCOM

共催

 
    一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン(OKJ)
    一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパン(OCJ)

登壇者(敬称略・調整中)

Chris Taggart(OpenCorporates CEO)
庄司昌彦(国際大学GLOCOM主任研究員/オープン・ナレッジ代表理事)
川島宏一(オープン・ナレッジ副理事長)
東富彦(オープン・コーポレイツ常務理事)
藤井博之(オープン・コーポレイツ常務理事)
横澤誠(京都大学大学院客員教授)

プログラム

18:30     開場
19:00-19:10 オープニング(庄司)
19:10-19:50 What’s up in the open corporates world?(Chris Taggart)(逐次通訳つき)
19:50-20:00 <休憩・準備>
20:00-20:50 パネルディスカッション
        How can we move forward the open corporates movements in Japan?
20:50-21:00 クロージング (藤井)

ダイジェスト

配布資料

お問い合わせ

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
担当: 小島・武田・戸田
Tel: 03-5411-6675 Mail: info_erp[at]glocom.ac.jp