国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

終了 クラウドファンディングの拡大から、地域発イノベーションを考える(Innovation Nippon トークセッション)

logo_innovation_nipponbig
グーグル×国際大学GLOCOM
Innovation Nippon トークセッション

既に急成長途上にあるクラウドファンディングについて、更に大規模な資金調達の可能性を拡大する法改正が行われた。米国のJOBS法を意識した金融商品取引法の改正で、日本でも株式型のクラウドファンディングが容易になった。本イベントではこれを機に、イノベーション環境の一要素としてのクラウドファンディングの意味や役割を検討したい。
規模的拡大だけでなく、多様化も進んでいる。特定の地域や事業分野などに特化したプラットフォームも多く出てきている。クラウドファンディング業界の動向を俯瞰することも簡単ではなくなりつつあるが、一方、ファンドを募り、提供する利用者や、それをとりまく関係者は、特性や使い方、課題などを学んでいる最中でもある。この学びは、今後クラウドファンディングのポテンシャルをどれだけ大きく花開かせるかを左右することにもなろう。クラウドファンディングはまた、当事者を超えた範囲の人々にも恩恵をもたらすポテンシャルを持っているだろう。ネット上での資金調達活動が盛んになることで、イノベーターやその取り組み、それをとりまく支援者などが可視化されることにもなり、社会の学びを後押しする効果も期待できる。
こうしたことを踏まえながら、本イベントでは、クラウドファンディングの現状と展望、特性などを論じ、特に地方発のイノベーションを効果的に後押しするための課題や工夫が何であるか、イノベーション環境としての意義がどのようなものであるかを検討する。


* Innovation Nipponは、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)とグーグル株式会社が共同で2013年に立ち上げたプロジェクト。情報通信技術(ICT)を通じた日本のイノベーション促進を目的として、 シンポジウム開催、研究会からの政策提言などを行っている。

日時

2015年3月18日(水) 19:30~21:30

会場

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

参加費

無料

定員

60名(先着順)

登壇者(敬称略・五十音順)

  • 江口晋太朗(ジャーナリスト)
  • 大前和徳(日本クラウド証券代表取締役)
  • 甲斐祐樹(Cerevo 広報・マーケティング・セールス)
  • 【モデレーター】渡辺智暁(国際大学GLOCOM主幹研究員・准教授)

主催

Innovation Nippon(発起人 国際大学グローバルコミュニケーションセンター(GLOCOM)、グーグル株式会社) 

後援

クラウドファンディング協会

WEB中継

予定しておりません。

申し込み方法

お問い合わせ

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
 〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
 担当:小島・戸田 Tel: 03-5411-6675 Mail:info_erp[at]glocom.ac.jp