GLOCOM

Center for Global Communications,International University of Japan

Glocomについて

« IECP研究会4回連続シリーズ「日本ソフトウェア産業の再生」
第2回「ソフト産業のグローバル化とオフショアリングの戦略的展開」
| TOP | IECP研究会「“ITと環境”を考える」 »

IECP研究会4回連続シリーズ「日本ソフトウェア産業の再生」
第3回「IT人材育成はどうあるべきか-技術者の満足度分析より」

  • 講師: 佐藤 修氏(東京経済大学経営学部教授)
    砂田 薫(国際大学GLOCOM主任研究員・准教授)
  • モデレーター :小林 寛三氏(ITコーディネータ協会事務局/国際大学GLOCOM客員研究員)
  • 日時:2007年7月18日(水) 午後2時~午後5時
  • 参加費: 5,000円を当日、会場受付にてお支払い下さい。
    なお、4回連続シリーズ「日本ソフトウェア産業の再生」に3回参加されますと、最終回のご参加は無料とさせていただきます。
    ※国際大学GLOCOM研究協力委員会およびIECP会員は無料。
  • 場所:国際大学グローバル コミュニケーション センター
    (東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
    地図:http://www.glocom.ac.jp/j/access/

■概要
現在、優秀なIT人材の確保・育成が国家的課題となっている。その背景には、企業の情報化推進にとって必須であるだけでなく、日本の国際競争力や社会インフラの信頼性にも大きな影響を与えるという認識が強まってきたことがあげられるだろう。国際大学GLOCOMでは今春、IT技術者の満足度アンケート調査および天才プログラマーへのインタビュー調査を実施した。本研究会ではその調査結果分析に基づいて今後のIT人材育成がどうあるべきかを議論する。アンケート調査データの実証分析を行った佐藤修教授は、会社と仕事に対する満足度に影響する一連の要素を抽出した。この中には個人の心理特性に関わる、会社が操作できない変数もあるが、業務環境として会社が操作できる変数もある。そこで、これらに配慮したIT技術者の業務環境を構築することにより、IT技術者の満足度を高め離職を減らして、IT技術者人材を確保・育成することができることが明らかになった。佐藤教授の講演では、調査分析結果の詳細と人材育成に関する考察を報告する。一方、砂田研究員は日本の情報政策の中でIT人材育成政策が占めてきた歴史的な位置づけを明らかにしつつ、日本の天才プログラマーへのインタビュー調査結果の分析を報告する。
※尚、今後、第4回「オープンソースは今:OSSコミュニティとビジネスの可能性」を7月30日(月)に開催予定。

■講師プロフィール
佐藤 修(さとう・おさむ)
1955年生まれ。東京経済大学経営学部教授。英国国立ウェールズ大学経営大学院教授。 一橋大学大学院商学研究科博士後期課程中退、東京経済大学経営学部専任講師・助教授、米国ミネソタ大学経営学部情報・決定科学科客員研究員を経て現職。日本情報経営学会常任理事、日本セキュリティ・マネジメント学会理事。主な著書として『ネットラーニング』(中央経済社)などがある。

砂田 薫(すなだ・かおる)
国際大学GLOCOM主任研究員・准教授。東京大学人文社会系研究科博士課程退学(社会学修士)。ビジネス系ITジャーナリズム分野での執筆・編集活動を経て、2003年国際大学GLOCOM入所。2005年12月より現職。情報システム学会理事。著書に『起業家ビル・トッテン』(コンピュータ・エージ社)、訳書に『テレコム・メルトダウン』(NTT出版)などがある。

■お申込方法
こちらのURLよりお申込下さい。
 → http://www.glocom.ac.jp/xoops/html/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://glocom.kir.jp/mt/mt-tb.cgi/234