GLOCOM

Center for Global Communications,International University of Japan

Glocomについて

« IECP研究会4回連続シリーズ「日本ソフトウェア産業の再生」
第3回「IT人材育成はどうあるべきか-技術者の満足度分析より」
| TOP | 4回連続シリーズ「日本ソフトウェア産業の再生」
第4回「オープンソースは今:OSSコミュニティとビジネスの可能性」 »

IECP研究会「“ITと環境”を考える」

  • 講師:山本 良一氏
  • 所属:東京大学生産技術研究所教授
  • 日時:2007年7月17日(火) 午後2時~午後5時
  • 参加費:5,000円を当日、会場受付にてお支払い下さい。
    ※国際大学GLOCOM研究協力委員会およびIECP会員は無料。
  • 場所:国際大学グローバル コミュニケーション センター
    (東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
    地図:http://www.glocom.ac.jp/j/access/

■概要
地球環境問題の根本原因は地球の有限性(限界)”を明確に考慮に入れて来なかった技術、経済、政治、哲学の失敗にある。特に地球温暖化は深刻な脅威となりつつある。温暖化は加速から暴走へと移りつつあり、地球のほとんどのいのちが超長期間危機にさらされるリスクが高まっている。ITは低炭素・循環共生社会実現のキーテクノロジーである。ここではその可能性や展望について議論したい。

■講師プロフィール
山本良一(やまもと・りょういち)
東京大学生産技術研究所教授。 専門は環境材料科学、エコデザイン学、環境経営学。1971年東京大学工学系研究科大学院博士課程修了、工学博士。文部科学省 科学官。北京大学、南京大学ほか30校にて名誉、客座、顧問教授を務める。日本MRS(Materials Research Society of Japan)会長、エコマテリアル研究会名誉会長、日本LCA(ライフサイクルアセスメント)学会会長、グリーン購入ネットワーク名誉代表など多くの要職を兼務。

   

■お申込方法
こちらのURLよりお申込下さい。
 → http://www.glocom.ac.jp/xoops/html/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://glocom.kir.jp/mt/mt-tb.cgi/237