GLOCOM

Center for Global Communications,International University of Japan

Glocomについて

« 障害報告:www.glocom.jp | TOP | デジタルコンテンツ協会、IECP共催読書会
「日本コンテンツの海外展開戦略、新たな飛躍の礎、コ・フェスタから世界へ」 »

IECP研究会「IPTVのビジネス動向 ~欧州の動向を中心に~」

  • 講師: 福島 直央氏(株式会社三菱総合研究所研究員/国際大学GLOCOMリサーチアソシエイト)
  • 日時:2007年9月10日(月) 午後2時~午後5時
  • 参加費: 5,000円を当日、会場受付にてお支払い下さい。
    ※国際大学GLOCOM研究協力委員会およびIECP会員は無料。
  • 場所:国際大学グローバル コミュニケーション センター
    (東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
    地図:http://www.glocom.ac.jp/j/access/

■概要
地上波デジタルテレビ放送の難視聴地域対策をきっかけとして、IPTVについて議論が進んでいます。日本では隣接権者の権利関係等、コンテンツをIP上にのせる際の権利処理に焦点が当たり、まだビジネス的にはあまり進んでいませんが、欧州ではサービス先行でビジネスとして展開がはじまりつつあります。 そこで欧州を中心としたIPTVのビジネス動向のご紹介と、米国等で進んでいる動画配信ビジネスをご紹介するとともに、日本のIPTVサービスの行方について考えたいと思います。

■講師プロフィール
福島 直央 (ふくしま・なお)
株式会社三菱総合研究所 次世代基盤研究グループ 研究員。1979年生まれ。2003年一橋大学法学部卒業。2005年一橋大学大学院社会学研究科在学中に国際大学グローバル・コミュニケーション・センター、リサーチアソシエイト。2005年大学院修士課程修了後、(株)三菱総合研究所に入社、現職。専門はコンテンツ政策、情報通信政策など。共著に三菱総合研究所編「徹底予測これが新成長ビジネスだ!」。

   

■お申込方法
こちらのURLよりお申込下さい。
 → http://www.glocom.ac.jp/xoops/html/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://glocom.kir.jp/mt/mt-tb.cgi/254