GLOCOM

Center for Global Communications,International University of Japan

Glocomについて

« IECP研究会「日本ソフトウェア産業の人材・競争力・未来-モジュール化と統合化の視点から-」 | TOP

IECP研究会3回連続シリーズ「変わる労働観と企業雇用」
第2回「成果主義は日本企業をいかに変えたか」

  • 講師:渕野 康一氏(株式会社東レ経営研究所 取締役人事開発部門長)
  • 日時:2008年1月31日(木) 午後3時~5時
  • 参加費: 5,000円を当日、会場受付にてお支払い下さい。
    ※国際大学GLOCOM研究協力委員会およびIECP会員は無料。
  • 場所:国際大学グローバル コミュニケーション センター
    (東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
    地図:http://www.glocom.ac.jp/j/access/

■概要
「成果主義」とは何か?「成果主義」導入の功罪を検証しながら、「成果主義」の本質と行方を皆さんと一緒に追求したい。なぜ、日本企業は「成果主義」を性急に導入したのか。なぜ、「成果主義」が「結果主義」「個人主義」「賃金主義」に結びついたのか。その結果、現場でどのような変化が起こっているのかを探りたい。 現代日本は、知識ではなく「知恵」が競争力を持つ「知恵社会」である。「知恵」は果たして「成果主義」から生み出されるのか。「知恵」をどう測定し評価するか。また、「成果主義」を、目に見えにくいリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションの3つの視点から掘り下げると何が見えてくるか。これら3つを「見える化」することは可能か。私が提唱する「面白主義」や「働きがい」と対比させながら、日本型「成果主義」のこれからのあり方や方向を、多面的に探りたい。

■講師プロフィール
渕野 康一(ふちの・こういち)
1950年大阪府生まれ。1974年京大法学部卒  同年 東レ株式会社入社後、主として人事・勤労・教育畑を歩み現場を支援、東レのCI(コーポレート・アイデンティティ)開発プロジェクトに全社推進事務局として2回参画、経営企画室に通算7年在籍。前職は、東レ㈱愛媛工場事務部長。2003年6月から現職。東洋学園大学非常勤講師、浦安市民委員、夢工学研究会会長を兼務。

■お申込方法
下記URL<GLOCOMセミナー受付>より事前お申し込みください。受付されますと「予約確認」のメールが返信されますのでご確認下さい。
 → http://www.glocom.ac.jp/xoops/html/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://glocom.kir.jp/mt/mt-tb.cgi/440