世界に認められた日本の天才───スクリプト言語Rubyの開発者
まつもとゆきひろ
聞き手:砂田薫 構成:森田沙保里


子供時代から学生生活まで

─── 初めてプログラミングをされた頃から学生時代までのお話を聞かせてください.最初はお父さんのコンピュータをおもちゃで使っていらしたとか.

 プログラミングをする以前からマイコンには触っていたのですが,プログラムとして認識してはいなかったんです.「数字の羅列があって,それを打つと動くよ」と言われた通りにやってみたら動いて,おもちゃというかパズルみたいなものでした.創造性も何もなく,紙に書かれたものをただ打っただけ.小学校6年生の頃です.ポケットコンピュータに触わり,コンピュータを制御するんだという気持ちでプログラミングしたのは中学3年生です.中学から高校にかけては,ポケットコンピュータでパズルのプログラムなどを作っていました.サンプルプログラムをいじったり直したりしていました.大学では,言語学や心理学も面白そうだと思って取ってみたんですが,いまいち心惹かれなくて,計算機言語の方がよかったですね.専門課程になって入った研究室はコンパイラを作らせたら日本一というところでしたが,僕はコンパイラにはあまり関心がなく,言語をどうデザインするかをやりたかったんです.大学時代には途中でお休みして2年間宣教師をしていましたから,ソフトウェア一色というほどでもなかったです.

プログラマーの仕事───働く場所と時間

─── 大学卒業後はソフトウェア会社に就職されましたが,仕事としてプログラミングをやりたいという気持ちは強かったのですか.

 それ以外に能がないので,ソフトウェアを書いて生きていこうかなと思っていました.大学院に行くかとも言われたんですが,数学がだめですし,試験もしんどいし,親のすねをこれ以上かじるのもなんだろうと思ったので就職しました.

─── 会社でのお仕事は?

 受託開発の会社でしたが,配属されたのは社内OAシステムを作る部署でした.今で言うデスクトップソフトウェアです.画面を置いて,画面の上にアイコンを置いたりとか,メールに添付ファイルをつけたりという,今だと当たり前の機能を当時は開発していました.それ以外では開発ソフトウェアを部品化して,データベースとして登録していく,というようなこともしていました.バブル経済がまだ終わってなくて,わりと好き勝手していました.浜松に研究所が出来て,僕はそもそも浜松で就職できるからということでその会社に入ったんです.バブルが崩壊して浜松の会社が結構傾いてきたので転職先を探しました.東京じゃないところ,と言ったら「名古屋はどうでしょう」と.それで名古屋に行きました.会社自体はトヨタの子会社で,トヨタの部品系CADを開発していましたが,僕は造船関係の部品管理をしていました.造船業界は高齢化し,技術伝承について結構危機感を持っていました.ですから部品の管理とかを含めて,オントロジーと呼んでいたんですが,それを電子化することに対して非常に関心が高かった.その一部として,船の部品かくあるべし,と造船側が決めて,僕のチームはデータベース上に表現するにはどうしたらいいか,画面上で設計するにはどうしたらいいかを考えて実装していました.この仕事は面白かったですね.

─── そこを辞められて今度は松江にいらしたわけですね.ところで,働く時間についてはどう考えていますか.

 僕はこの業界で一番悪いのは残業だと思っていて,効率の悪い人がたくさん稼ぐ構造はまずいと思ったので,ネットワーク応用通信研究所(NaCl)を設立するときのミーティングで残業をやめようと主張して通ったんです.禁煙にしようという意見も通りました.だから入社したという感じです.この会社では,研究員は裁量労働制になっているんです.ホワイトカラー・エグゼンプション制度がないのでみなし残業をつけないといけないですが,後はどう時間を使ってもいい.個人には家族が病気になったとかいろいろな事情がありますが,それを会社が管理する必要はないわけです.仕事の締め切りさえ守られれば時間をどう使おうが自由であるはずなんですね.そういうふうに会社を運営してきて,今のところ大きなトラブルは起きていません.だから,どこの会社でもやろうと思えば出来ると思います.ミーティングや打ち合わせがあるなら集まります.締め切りでデスマーチ状態で働いている人や会社に住んでいるような人もたまにいます.労働基準監督署の立場からすると,あまりうまくないこともたまに起こるのですが,われわれはあまりこだわっていないので大きな問題は起きていません.

─── 働く場所は会社を選ぶ際の重要な要素ですか.

 そうだと思います.日本では受託開発系の会社だと,完全裁量労働制というのはあまりないです.松江は真ん中に大きな川があるのですが,橋が5本くらいしかないので時間によってはかなり道路が渋滞するんです.ですから,出勤時間を決めちゃうと非効率でばかばかしい.ただ,松江はどちらかというと保守的な土地で勤務時間が固定の会社のほうが多いかもしれません.

Rubyの開発と発展

─── Rubyの話を伺いましょう.以前,講演で「新しいものをつくるというよりも,自分にとって快適なものをつくりたかった」と強調されていたのが印象に残っています.

 Rubyの開発は1993 年で,浜松にいたときです.Rubyはビジネスとして開発したのではないのでマーケティングする必要がありませんでした.Rubyが広まっても広まらなくても,僕の生活は変わらない.注目を浴びる必要がないので,新しいものだと言う必要もなかったのです.結果的に,他の人がRubyの新しいところを発見してくれて,これはいいと口コミでマーケティングしてもらいました.もう一つは僕自身が環境改善オタクということがあります.コンピュータの設定をいろいろ変更すると使いやすくなるので,コンピュータ好きの人は割合よく設定を変えたりするんですね.これを僕はプログラマー環境問題とか,環境改善オタクと言っているんです.この場合の環境はソフトウェアの設定という意味ですね.そういう人を喜ばせるために,設定の幅が異様に広いソフトウェアが世の中にはあるんですね.僕はそういうソフトウェアが大好きで,延々とこうしたらもっと使いやすい,このソフトとこのソフトを組み合わせるともっと楽になるとやるんです.Rubyはその延長線上です.自分がプログラムする環境をいかに改善するか.自分にとって快い環境とはなんぞや,と日々追求しているわけです.僕以外の人から見たら,Rubyという素晴らしいものが世の中に降ってきたということなんですが,僕にとってみれば,環境の一部を日々改善しているだけなのです.開発,発明というのは元々そうなんですね.周りから見ると,それが結果的に新しいものとなるわけです.

─── オープンソースにしようと思った理由は?

 逆に,しないことを思いつかなかったんですね.僕は元々オープンソースソフトウェア,当時はそういう言葉がまだなかったんでフリーソフトウェアという発想をしていましたが,emacsというエディタの上でソフトウェアを書いて,GCCという有名なフリーソフトコンパイラの上でコンパイルをして,Rogueというゲームで遊んで,Linuxもわりと早い時期,94年くらいから使って,オープンソースの中で生きてきました.ですから,業務で作ったものでなければ,ある程度使い物になるようにしてフリーソフトにすることが自然でした.

─── Rubyは公共財のようになってきました.

 このペースだと少なくともあと10年は遊んでいられる,ああでもないこうでもないと言えるネタはあるんじゃないかなと思ってます.誰かすごい人が来て,僕の考えるものをどんどん実装していってくれて,数年で使い切ってしまうかもしれませんが.ただ,言語の寿命は長いので,僕が今死んだとしても,Ruby1.8安定版として出ているものはそれなりに生きていくんじゃないか,放っておいても消えないくらいには出来たんじゃないかなと思います.

─── 世界のRubyになった時は嬉しいものでしょうね.

 イチローが大リーグで頑張っているな,くらいの距離感がありますね.あまり僕がどうこうという感じではないです.多くの人がRubyを使っているんだけれど,実際に使われているのはRubyの上に書かれたプログラムなんで,僕が書いているわけではありませんから.「Ruby使っていますよ」と言われても,それはRuby onRailsを使っていて,僕のはその部品のひとつだよね,という話で.嬉しいといえば嬉しいですけど.

日本のソフトウェア産業の課題

─── 日本のソフトウェア産業は輸入超過が続き,国際競争力が低いという議論が盛んに行われていますが,Rubyはブレイクスルーになったように思います.

 でもまあ,売り上げがないので経済にはあまり貢献していません.それにRubyには日本人以外の開発者もたくさん協力してくれています.Rubyがここまで話題になった理由はRuby on Railsですが,それを作ったのはデンマーク人で,今アメリカに住んでいます.Rubyで使えるライブラリのかなりの部分は日本人が作っていますが.

─── 日本のソフトウェアをどう強くしていくかという課題が国の重要な政策課題となっているわけですが,グローバルなオープンソースコミュニティにいるまつもとさんの目からご覧になると,議論が若干ずれている感じがしますか.

 そういう政策を議論されておられる方にとって,私はいないのも同然ではないでしょうか(笑).ただ,よくわからない部分もあります.たとえば会社ではRubyを使って仕事をしていて,Rubyでソフトウェアを開発するお客さんに納めてお金をもらっていますが,そのお客さんは日本人だけなんですね.その辺で国を越えられない部分が確かにあります.国は関係ないといっても,実はある.それは確かです.特に日本では国を越えるソフトウェアビジネスはほとんどないのが現実です.アメリカやヨーロッパでは国を越えるのはわりと普通なので,その辺の違いはあると思います.

─── すでに世界で使われているRubyが日本のソフトウェア産業にどういう影響を今後与えられると思いますか.

 オープンソースやソフトウェアのサービス化によって伝統的なソフトウェアビジネスは変わってくるでしょう.たとえばパッケージビジネスをしているところは厳しいところが出てくると思う.マイクロソフトやオラクルをはじめとして多くのパッケージビジネスはオープンソースとの競争がますます増えてきます.イノベーションを維持していかないと生き残れないし,かといってパッケージ市場への新規参入はあまり現実的ではありません.その辺についてはかなりいろんな圧力がかかってきているんじゃないかなという気がします.

 一方,受託開発系の会社は仕入先が変わるだけなので,産業構造がまったく変わらないのではないかという意見も出ています.統計によれば日本のソフトウェア産業の7割か8割は受託開発系だそうなので,あまり変わらないかもしれないなとも思いますし,一方で,変わらなくていいのかという気もします.逆に,オープンソースをうまく利用しているIT企業もあります.IBMはオープンソースに投資する事でかなり業績を回復させましたし,後はサンですかね.サンとIBMはサービスの販売に力を入れているので,そこがマイクロソフトとの違いです.日本の受託開発系のソフトウェア会社も,サービス系企業がもっと出てくれば変わる可能性もあります.Web 2.0じゃないですが,そういう会社がオープンソースを使ってすばやくサービスを提供するという話になってくると,構造変化が起きるかもしれません.でもそういう会社はベンチャーで小規模なので,ほんとうに産業構造を変化させる力があるかどうかは分かりません.受託の中での生き方がちょっと変わってくるということはあると思います.構図そのものは変わらずに,もしかしたら温存する方向に働くかもしれません.実際うちの会社もオープンソースの代表企業みたいな格好をしていて,コンサルや教育といったこともやっていますが,産業構造的には受託会社です.

自分の仕事の将来

─── 最後に,今後5年,10年,どんな仕事をしていたいですか.

 今と同じようにずっとやっていたいなと思っています.今Rubyを開発していますし,経済的にもあまり困っていないので,わりと幸せな生活をしていますから.この業界では大変な思いをして仕事をされていらっしゃる方も多いので,僕は苦労も少なく,平安な生活をしていると思います.通勤の苦労もないですし.

─── やりたいことが仕事になり,自分の望ましい方向へ来られた感じですか.

 後は生活の安定ですね.僕は金勘定もあんまり好きじゃないし,ビジネスを新しく作るとかもあまり関心がない.そういうのは他の人にやってもらって,どちらかというとソフトウェアに向き合っていたいと望んでいます.技術的な裏方で行きたいと思ってるんですよ.ちょうど今の会社NaClではそういうポジションで仕事ができます.NaClにはいろんな人がいて,自分で開発もする,事業もする,金儲けをするという人もいます.そういう人はすごいなあ,うらやましいなあ,と思うんですけど,僕はそうじゃないんで,NaClさえ変わらない限り,僕はここでやっていきたいなあと思っています.

─── 今日はどうもありがとうございました.

2007年2月20日収録

Ruby年表

- 1993年 2月 Rubyの開発を始める
- 1995年12月 Ruby Ver.0.95をfj.sourcesに投稿
- 1996年12月 Ruby Ver.1.0をリリース
- 1997年 オンラインソフトウェア大賞入賞
- 1998年11月 「Perl Conference Japan」でRubyについて講演
- 1999年10月 『オブジェクト指向スクリプト言語Ruby』が出版
- 2000年10月 英語で書かれた初の解説書『Programming Ruby: The Pragmatic Programmer's Guide』(Addison-Wesley刊)が出版
- 2000年10月 未踏ソフトウェア創造事業で「オブジェクト指向スクリプト言語Ruby次期バージョンの開発」が採択される
- 2000年11月 初めての専門カンファレンス「Perl/Ruby Conference」が京都で開催
- 2001年10月 海外では初めての専門カンファレンス「Ruby Conference 2001」が米国フロリダで開催
- 2007年 Language of the Year 2006受賞
Ruby on Rails,Enterprise Ruby,JRubyが話題に