GLOCOM Review

GLOCOM - publications

Center for Global Communications,International University of Japan

 GLOCOM Reviewは、国際大学GLOCOMの研究員のプロジェクト研究または個人研究の成果を公表するための定期刊行物です(ISSN 1344-4816)。
 1998年3月号以前のバックナンバーについては、ハードコピーのみ入手可能です。入手を希望される方は、gr-info@glocom.ac.jpまでお問い合わせください。また、製本したコピーが必要な方は、富士ゼロックス提供のBookParkで入手できますので、ごちらもあわせてご利用ください。

記事一覧

家族の諸側面と情報機器 / 斎藤嘉孝

[要旨]

 本稿は、小中学生とその親における情報機器(携帯電話と電子メール)の所有・使用に関して、多側面から分析する。データは、2004 年に神奈川県の郊外地域に居住する571 組の親子から収集された。分析結果は次のようにまとめられる。(1)文化的再生産:親と子の情報機器の所有・使用は類似している。(2)加齢効果:小学生より中学性のほうが所有・使用している。(3)男女差:男子よりも女子のほうが所有・使用している。父親は(母親と違わないほど)情報機器での親子のやりとりをしていると感じている。(4)家族属性:構造的側面よりも機能的側面のほうが重要で、情報機器での親子コミュニケーション頻度はふだんの対面コミュニケーションと連続している。(5)機器別特徴:携帯電話と電子メールの使用状況は連続しており、電話をするほどメールもする関係にある。こうした研究知見をふまえて、今後ますますの研究蓄積が期待される。


[Abstract]

This study examines several aspects of usage of IT devices (cellular phones and emails) between parents and children. Data was collected from 571 pairs of parents and children who lived in Kanagawa prefecture in 2004. The results of analyses are summarized as followings. 1) Cultural reproduction: Parents' and children's usage of IT devices is similar each other. 2) Age effect: Children of junior high school ages are more likely to have and use IT devices than those of elementary school ages. 3) Gender differences: Daughters are more likely to have and use IT devices than sons, but there is no significant difference between fathers and mothers in the degree of communication with children by IT devices. 4) Family characteristics: Functional aspects play more important roles than structural aspects: frequency of usage of IT devices among family members is positively related to that of their face-to-face communication. 5) Differences in IT devices: Frequency of family members' usage of cellular phones is positively related to that of emails: parents and children who use cellular phones tend to use emails as well. Further research on these topics is desired on the basis of the findings above.

>> 本文(pdfファイル)