国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

【発行】GLOCOM Review 13-1(84) 「クリエイターはフェアユース導入に賛成か反対か」(田中辰雄)

GLOCOM Review 13:1 (通巻84号)を発行しました。このたびの論文は田中辰雄主幹研究員による「クリエイターはフェアユース導入に賛成か反対か」です。日本はアメリカ型の一般規定によるフェアユースは未導入ですが、プロ・アマ、音楽・映像、企業・フリーランスなどの類型を問わず7割近いクリエイターがフェアユース導入に賛成していることが明らかになりました。

GLOCOM Review 13-1(84)
「クリエイターはフェアユース導入に賛成か反対か」(田中辰雄)

(あらまし)
アメリカ型の一般規程によるフェアユースを日本に導入する試みは権利者団体の反対でついえてきた。しかし、実はクリエイター自身はフェアユース導入に賛成である。フェアユース導入に賛成するクリエイターは7割弱に達しており、この数値は少々クリエイターの類型を変えても変わらない。プロでもアマでも、創作作品が音楽でも画像でも、企業所属でもフリーでも、7割近い人がフェアユースの導入に賛成する。クリエイターの多数派がフェアユース導入に賛成であるのだから、日本でフェアユースを導入するればスムーズに受け入れられることだろう。

2015-07-23

, , ,