国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

【掲載】中西崇文「AIで人を虜にせよ〜激化するチャットボット競争」連載第3回(Biz/Zine)

Biz/Zineに中西崇文研究員の連載「中西崇文の異端と先端のTech考現学」第3回記事が掲載されました。

AIで人を虜にせよ〜激化するチャットボット競争

(記事冒頭から)
人工知能と話ができるというと、ソフトバンクのロボットPepperを思い出す人も多いだろう。私たちは、機械に直接話しかけることにはまだ慣れていないが、Pepperのようなロボットになら、親しみを込めて話しかけることができる。その時の私たちは、ロボットに対して話しかけているという意識で接している。実際にはロボットとの会話を成り立たせているものは人工知能だ。それゆえに、ときどき意表をつかれる発言に驚かされることがある。では、人工知能が人工知能であることを隠し、人間として接する未来はあるのであろうか。また、人工知能が会話だけで、人間の心を揺れ動かすことはできるのであろうか。探っていくことにしよう。

記事はこちらでお読みいただけます(全文をお読みいただくには、翔泳社のSEメンバーシップへの無料会員登録が必要です)
http://bizzine.jp/article/detail/1631

「中西崇文の異端と先端のTech考現学」バックナンバーはこちらからどうぞ(全文をお読みいただくには、翔泳社のSEメンバーシップへの無料会員登録が必要です)

第1回「クリエイティブAIが始まった。 ~作曲、ヒットチューン解析、星新一風ショートショートまで」

第2回「GoogleのAI「アルファ碁」は感覚をどのようにつかんだか」

2016-06-10