国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

【出版】高木聡一郎『ブロックチェーン・エコノミクス:分散と自動化による新しい経済のかたち 』(翔泳社)

高木聡一郎研究員『ブロックチェーン・エコノミクス:分散と自動化による新しい経済のかたち』(翔泳社)2017年4月15日発刊、好評発売中

高木聡一郎研究員の新著『ブロックチェーン・エコノミクス:分散と自動化による新しい経済のかたち』が、2017年4月15日に翔泳社より発売されました。
ビットコインを実現する技術として誕生したブロックチェーンは、デジタル通貨だけでなく、様々な応用の可能性が期待されています。多様なプラットフォームサービスへの応用からIoT、中央銀行通貨まで、ブロックチェーンがもたらす影響を情報経済学の観点から展望し、その可能性と課題を論じています。また、本書ではブロックチェーンの技術と基本的な仕組みについても詳述しており、ブロックチェーンの基本構造からその仕組みや意義まで、わかりやすく解説しています。

  • 翔泳社ウェブサイトはこちら
  • Amazonページはこちら
  • 著者紹介

    高木 聡一郎(たかぎ・そういちろう)

    soichiro_takagi-ws

    国際大学GLOCOM主幹研究員/准教授/研究部長。専門分野は情報経済論。IT産業のビジネスモデルや、ITの普及・発展に伴う社会への影響を主に経済学の観点から分析している。国際大学GLOCOM ブロックチェーン経済研究ラボ代表。

    2017-04-15