国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >


【掲載】中西崇文インタビュー「『シンギュラリティは怖くない』著者が語る「AIとの幸せなつき合い方」とは? 」(Biz/Zine)

Biz/Zineにて中西崇文研究員のインタビュー記事「『シンギュラリティは怖くない』著者が語る「AIとの幸せなつき合い方」とは?」が掲載されました。

『シンギュラリティは怖くない』著者が語る「AIとの幸せなつき合い方」とは?

(記事冒頭より)
未来学者レイ・カーツワイルが「2045年には人工知能が人間の知能を追い越す」というシンギュラリティという考え方を述べて以降、人工知能をめぐる様々な議論が巻き起こった。そんな中、『シンギュラリティは怖くない』という本を出したのが、GLOCOM准教授/主任研究員の中西崇文さん。自ら「作曲するAI」や「会議の生産性を測るAI」の開発もおこなう中西さんが考える「人と機械の幸福な関係」について話を聞いた。

記事はこちらでお読みいただけます(全文をお読みいただくには、翔泳社のSEメンバーシップへの無料会員登録が必要です)
http://bizzine.jp/article/detail/2243

2017-05-30