国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

Innovation Nippon 2017年度報告書「人工知能と日本 2017」を公開しました

Innovation Nipponは、国際大学GLOCOM が、グーグル合同会社のサポートを受けて2013年に立ち上げた研究プロジェクトです。この度、2017年度報告書「人工知能と日本 2017」を公開しました。

下記リンクより報告書全文をご覧いただけます。公開内容は以下のとおりです。

Innovation Nippon 2017報告書「人工知能と日本」

Innovation Nippon 2017では、日本における人工知能の活用について考えるため、「技術的実態」「メディアや人々の人工知能に対するイメージ」「経済発展・社会課題解決における活用とそのインパクト」の3点について調査研究を行いました。その結果、日本企業の人工知能導入率は未だ低いものの、従来活用は難しいと考えられていた分野や、少ないデータしか保持していない場合でも、人工知能を上手く活用して新たな価値を生み出していることが明らかになってきました。また、人々も、人工知能によって生活・経済・社会が良くなることに対して多くの期待を寄せていることが分かりました。

これらを踏まえ、人工知能のプラスの面を活用して経済発展や社会課題解決に寄与するための活用方法と、日本がとるべき産業政策・制度設計・企業戦略について提言します。



2018-01-11