国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

【出演】庄司昌彦研究員「キャッチ!世界のトップニュース」(NHK-BS1、6月15日)

庄司昌彦研究員が、6月15日(金)放送の「キャッチ!世界のトップニュース」(NHK-BS1)に出演し、「シェアリングエコノミーの未来は」をテーマにしたワールドEYESのコーナーで解説をしました。

韓国のソウル市をはじめとする世界の都市で実際に行われている活用事例や、日本国内で自治体が民間とともに進めている「シェアリングシティ」の地域を紹介しました。一方で、既存産業との共存や安全性を担保する仕組み、就労の不安定性などの課題があることも指摘しました。日本では6月15日から住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されましたが、多様な需要に応えられるシェアリングエコノミーの良さを利用者本位のサービスデザインに活かしていくことや、これまでの業界慣行や行政手続きを見直す機会にもしていくことが求められるだろうと、今後にむけた展望も述べました。

2018年6月15日(金)7:00~7:50 NHK-BS1・生放送
番組公式ウェブサイト http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/catch/archive/index.html?i=20180615

2018-06-15