国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

【ご案内】<研究ワークショップ 2019 Autumnシーズン> 多文化共生・協働に向けたサービスビジネスとエコシステム

GLOCOMでは、先端テクノロジーがもたらす社会変化の兆しをとらえ、共通課題とその解決策についてディスカッションする場として、第一線で活躍する産官学民の研究者・実践者を講演者に迎えた研究ワークショップを開催しております。

このプログラムは、通常、会員限定で開催しているものですが、2019autumnシーズンは、特別に、体験参加を受け付けております。

プログラムやテーマに関心のある方はもちろん、事業企画やオープンイノベーションに関わる業務を行っている部門の方などに、ぜひ研究ワークショップをご体験いただき、あわせて年間参加ご検討の機会としてご活用いただけると幸いです。


<研究ワークショップ 2019 Autumnシーズン>
多文化共生・協働に向けたサービスビジネスとエコシステム

世界で最も深刻な少子高齢・人口減少社会が進行している日本において、貴重なリソースとして外国人の労働力、専門能力への期待が高まっています。実際に、現在、日本に居住する外国人はおよそ400万人、うち150万人近くが労働するようになり、存在感を増しています。さらに、2019年4月には入管法が改正され、その受け入れ業種・職種はさらなる広がりを見せています。

こうした流れを受けて、企業においても、顧客あるいは雇用の対象として外国人への対応が求められるようになりつつも、依然としてその取り組みが十分になされているとは言い難い状況にあります。多言語や多文化への対応は心理的・工数的コストを伴うものでもあることが、その理由のひとつと言えるでしょう。

そこでGLOCOM研究ワークショップ Autumnシーズンでは、日本人と外国人が共生・協働する社会に向けて求められる企業の取り組みを、コストとしてではなく、新たなサービスビジネスを生み出す機会としてとらえることにチャレンジします。さらに、それらのビジネスをより効率的に、また外国人の方々にとって便利で安心な包括的な暮らしを支えるサービスとして提供するための、ステークホルダー間の連携や、エコシステムの構築についても検討していきます。

各回のテーマと登壇者

各回テーマの詳細は、リンク先の開催案内ページよりご確認いただけます。
※リンクのない日程はページ準備中・随時公開予定

お申込み方法

研究ワークショップへの体験ご参加を希望される方は、以下の運営事務局まで
お名前、ご所属、参加希望日を明記のうえ、メールにてご連絡ください。

——————————————————————–
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
 研究WS事務局 担当:小林・武田
 Email: info_pf[at]glocom.ac.jp ← [at] を小文字の @ に置き換えて送信してください。
——————————————————————–

2019-11-07