国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

English >

災害対応アセスメントα版(避難者支援アセスメントツール 熊本県・鹿児島県豪雨対応版)を公開します

熊本県・鹿児島県豪雨により、熊本県南部の球磨川流域を中心に大きな被害が出ています。一方で新型コロナウイルスの感染が懸念されるため、これまでのような外部からの支援が難しい状況です。

そこで、国際大学グローバル・コミュニケーション・センターでは、これまでの調査研究をベースに制作した『災害対応アセスメント(α版)』を臨時公開いたします。

『災害対応アセスメント』2020年7月α版

https://disaster-response-assessment.an.r.appspot.com/

災害対応アセスメントとは、これまでの災害現場の情報(暗黙知)をもとに、さまざまな立場の人が災害対応について主体的にチェックできるように形式知化したデータ一覧です。避難所としての要件をはじめ、物資内容や役割分担など、災害時の対応必要事項がチェックシートで確認できる仕様となっています。

このたびの2020年7月熊本県・鹿児島県豪雨を受け、本災害への対応にご利用いただけるよう、急遽、α版を公開させていただくことといたしました。本α版では、新型コロナウイルス感染症の現状も踏まえ、感染症防止に留意したデータも整備しています。熊本県・鹿児島県の自治体をはじめとする管理者や支援者の皆様が、一括して現場情報を収集できるよう作成しています。

ご利用に際しては収集されたデータをやり取りする方法をお伝えしますので、下記担当者までご一報ください。折り返しご連絡させていただきます。

出水期が続きますが、被害が拡大せずに、また被害に遭われた方々の生活が一日でも早く復旧することを祈っております。


「災害対応アセスメント」プロジェクト企画・責任者:
国際大学GLOCOM プラットフォーム主任研究員 青木志保子

ご連絡先: saoki[at]glocom.ac.jp  ←[at]を@にして送信してください



これまでの関連研究

2020-07-06