message.j.html

「2010年の移動通信業界を見通す4つのシナリオ」

 アクセンチュア株式会社・国際大学GLOCOM共同研究

2010年の移動通信トラフィックの市場規模、楽観シナリオでは約10兆円、悲観シナリオでは約2兆円
 

**********************************************

「2010年の移動通信業界を見通す4つのシナリオ」

先進的な経営コンサルティングとテクノロジー・ソリューションを提供するグローバル企業、アクセンチュア株式会社(東京都港区赤坂、代表取締役社長:森 正勝)は、本日、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(以下国際大学GLOCOM、東京都港区六本木、所長:公文 俊平)と実施した「第3世代(以下3G*2)および第4世代(以下4G*3)移動通信システムに関する共同研究」プロジェクトの成果を、「2010年の移動通信業界を見通す4つのシナリオ」として発表いたしました。

このプロジェクトは、アクセンチュアの通信・その他幅広い業種/業界におけるコンサルティング、及びテクノロジー・サービス実績と、国際大学GLOCOMの情報社会に関する精力的な研究/提言活動の成果を合わせることにより、3G/4Gの現状把握及び将来展望について高度な共同研究を行うことを目的とし、4Gの実用化が見込まれる2010年に向けて、3Gおよび3G以外の有料無線通信サービスの普及という観点から想定される4つの普及シナリオを描き、各シナリオの展開が移動通信業界に与えるインパクトや4Gの実現性/具体像を調査・分析したものです。

研究期間は2001年10月から翌年1月までの4ヶ月間で、4G導入直前における移動通信トラフィックの市場規模を試算、試算の対象時期は2010年とし、対象とする市場は3Gおよび3G以外の有料通信サービスの基本料金+トラフィック収入(音声通話+データ通信)としています。想定される4つのシナリオの概要と、その移動通信トラフィックの市場規模は以下の通りです。

『はてしない物語』シナリオ
既存の移動通信キャリアが従来の顧客をほぼそのまま維持し、3G以外の有料通信サービスは一部の普及に留まると想定したシナリオで、移動通信トラフィックの市場規模は、総ユーザ数の緩やかな増加に合わせて約9兆円まで拡大すると予測されています。このシナリオでは、既存の移動通信キャリアが4Gに積極的に投資を行うため、移動通信が3Gから4Gへと順調に進化/発展を遂げる既存キャリア主導の『はてしない物語』が継続します。

『新時代の夜明け』シナリオ
3G以外の有料通信サービスが3Gのマーケットを侵食し、新規参入プレーヤが急速にユーザを獲得すると想定したシナリオで、移動通信トラフィックの市場規模は約4.3兆円と予測されています。このシナリオでは、3G以外の有料通信サービスを推進する新たなプレーヤが最終的に顧客接点を握り、移動通信の進歩を主導する『新時代の夜明け』が訪れます。

『覇権争い』シナリオ
3G/3G以外の有料通信サービス共にマスユーザを獲得すると想定した、もっとも楽観的なシナリオで、移動通信トラフィックの市場規模は、現在の規模(約6兆円*4)から約9.7兆円まで拡大すると予測されています。このシナリオでは、4G導入以前は共存共栄の関係にあった既存の移動通信キャリア(事業者)と、3G以外の有料通信サービスを提供する新規参入プレーヤとが、4G導入時には一転して主導権を巡る『覇権争い』を繰り広げることになります。

『神話の終焉』シナリオ
無料通信が爆発的に普及し、3G/3G以
外の有料通信サービス共にニッチ化すると想定した、もっとも悲観的なシナリオで、移動通信トラフィックの市場規模は約2.2兆円まで大幅に落ち込むと予測されています。有料通信市場自体が崩壊し、移動通信の世代進化は3Gでストップする、移動通信業界の『神話の終焉』シナリオとなります。

本研究は、移動通信関連の有識者に対する聞き取り調査、および各種公開資料から得た情報を基に、シナリオ・プランニング*5の手法により実施いたしました。急速な技術革新に支えられ、移動通信は4Gに向けて今後も発展を続けていくものと予想されますが、通信技術の高度化/多様化に伴い、移動通信業界を取り巻くビジネス環境はますます不確実かつ不透明になりつつあります。現在官民で検討が進められている4G の基本コンセプトでは、「複数の無線通信システムのシームレスな連携」がテーマとなっている一方、今後、無線LANなどの無線通信技術を用いた3G以外の有料通信サービスが、3Gの競合サービスとして発展する可能性があり、4Gにおけるシームレスなマルチ通信サービスの実現には、ビジネス面で様々なハードルが予想されます。本研究ではこうした状況を踏まえ、2010年時点で考えうる具体的なサービス統合のパターンを、4つのシナリオとしてまとめ、各シナリオ別に想定される4G像を提示しました。シナリオ・プランニング手法を用いることによって、複雑な状況を、ストーリー形式で分かりやすく理解していただくことが可能になっております。

アクセンチュアでは今回の研究結果を受けて、行政や顧客企業に対し、移動通信業界のさらなる発展に向けたさまざまなコンサルティングサービスを提供していくと共に、オールドエコノミーからニューエコノミーへの橋渡し役として、投資や直接事業運営を含む様々な活動を行っていきます。

  

研究概要

*1 移動通信トラフィック: 人間が携帯する端末の基本料金+トラフィック収入(音声通話+データ通信)。モノ/動物等に搭載する用途や、ユーザから得るその他の収入(コンテンツ代金、通信料の発信者課金、プラットフォーム利用手数料など)は含まない
*2 3G: 第3世代携帯電話の通称。有線電話並みの音質、最大2Mbpsの高速通信などが可能
*3 4G: 第4世代携帯電話の通称。光ファイバ並みの超高速通信の実現を目指し、2010年頃の実用化に向けて規格化が進められている。3Gの正式名称IMT-2000に対して、Systems Beyond IMT-2000と呼ばれる
*4 約6兆円: 2001年の移動通信トラフィックの市場規模。外部公開情報(キャリア各社の中間決算報告書等)に基づきアクセンチュア算出、PHSおよび3Gは含まない
*5 シナリオ・プランニング: 不確実性の高い事業環境において、意思決定の質を向上させるための経営手法。未来の事業環境の姿を、複数のストーリーとして体系的に描き出すことを通じ、将来起こりうる事業環境の根本的な構造変化により良く対処する能力を組織にもたらす。経営上の一般的なツールとして、欧米企業では広く用いられている

*********************************************************************************************************

アクセンチュアについて
アクセンチュアは、経営コンサルティングとテクノロジー・サービスにおける世界的な先進企業です。アライアンスや関連会社設立、その他の手法を通じ、コンサルティングやアウトソーシングに関するノウハウを蓄積、独自のビジネスアプローチとそのネットワークにより、あらゆる業界の顧客企業が自身のビジョンを迅速に実現できるよう、「革新」を顧客に提供します。アクセンチュアは世界47カ国に7万5千人以上の社員を擁し、2001年8月31日を期末とする2001会計年度の売上高は114億4千万ドルでした。
(NYSE2001年7月19日上場、略号:ACN)

国際大学グローバル・コミュニケーション・センターについて
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(国際大学GLOCOM)は、情報社会と日本社会の研究に従事する社会科学系の研究所として1991年に発足しました。以来、新しい情報通信基盤の形成や、情報技術の利用に関する社会科学的な研究に、所内の資源を傾注しています。最新の情報通信技術を最大限に活用しながら、さまざまな研究活動、提言活動、啓豪活動など「智」の通有のために働く「近代情報智業」として活動するとともに、企業や官庁からの受託研究、会員企業に対する研究会セミナー、情報社会に関する提言活動など、様々な方面に向けて積極的に展開しています。 

GLOCOM

アクセンチュア
----------------------------------------------------------------------------------------------------
このリリースに関するお問い合わせ先:

アクセンチュア株式会社 広報室
小野寺 律子、牧 由布子
Tel: 03-5410-7447/Fax: 03-5410-7561

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
高橋 眞弓
Tel: 03-5411-6674/Fax: 03-5412-7111/
メール: mayumi@glocom.ac.jp
----------------------------------------------------------------------------------------------------