クラウドビジネス研究会:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

「クラウドビジネス研究会」(旧称:ホスティングビジネス研究会)の2018年度の活動をご紹介します。本研究会は2008年4月に始まり、今年で11年目を迎えます。本年も多数の皆様方のご参加をお待ち申し上げております。

名称
クラウドビジネス研究会
目的
日本のクラウド、データセンター、ホスティング等のサーバー関連ビジネスのサービス実態と今後の展開、並びに主要技術動向に関する調査研究を行い、会員メンバーで成果を共有します。
期間
2018年4月から2019年3月末ですが、お申し出がなければ自動継続とさせていただきます。
活動
年に2回の「研究会」を開催致します。年度末に「調査研究報告書」をとりまとめます。
内容
クラウド、データセンター、ホスティング、ドメイン等のサーバー関連ビジネスに関する主要な経営課題の抽出と、求められる経営戦略に関する調査、分析、考察を行います。会員のみなさまのご意見を拝聴しながら研究テーマと調査活動を決定します(以下原案)。
  • 主要な経営戦略抽出のための日本の事業者を対象とした「ヒアリング調査」
  • 利用者や業界の動向に関する「ビッグデータ解析」
  • クラウドやホスティング等の利用者を集めた「SNSコミュニティのトライアル運用」
  • 「研究会」での主要テーマに関する討論と成果報告
主催
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
主査 新谷隆(主幹研究員)
成果
調査研究報告書(PDF形式等でのデータ納品)
対象
クラウド関連事業者、ホスティング事業者、データセンター事業者、システムインテグレータ、ハード・ソフトウエアベンダーの方、SaaS/ASP事業者、その他の法人が対象となります。
参加費
S会員 1社あたり 540,000円(各研究会に5名の参加が可能、報告書データの引用自由)
A会員 1社あたり 216,000円(各研究会に5名の参加が可能)
活動スケジュール(予定)
2018年4月〜7月ヒアリング調査実施、調査設計
2018年7月13日(金)第一回研究会(沖縄)
2019年2月第二回研究会(大阪)
2019年3月調査研究報告書のとりまとめ
お問い合わせ
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
担当:新谷、安藤
電話:03-5411-6674、電子メール:hosting[at]glocom.ac.jp